MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

POP DISASTER

2014.02.17UPDATE

2014年02月号掲載

POP DISASTER

メンバー:Takayuki (Vo) Ebi (Gt) Hossy (Gt) Maiko (Dr)

インタビュアー:山口 智男

-Track.12の「My Devotion」のヴォーカルの印象がいつもとちょっと違いますね。

T:そうなんですよ。いつもよりキーが低いんですよ。だから声質もちょっと違って聴こえると思うんですよ。Ebiがギターでこのリフ弾きたいんだけどって持ってきた時点で、あれより低かったんですよ。でも、こいつ絶対(キーは)変えへんって言うんで。

E:開放を使ったリフなんで。

T:試しにデモを1回、録ったんですけど、みんなめっちゃ低いって。それなのにイケるイケるってゴリ押しで言ってきて。

E:でも、全部が全部、(キーが)高くなくてもいいと思うんですよ。

M:今のヴァージョンでも低いと感じるのに、Ebiはしっとりしてて、いい、いいって。

T:結局、元々のキーよりも1音上げたんですよ。ギターもカポつけて弾くってことにして。

E:あ、俺、カポつけて弾いたことないから、あれ、Hossyに弾いてもらったんだ。

T:あ、ほっしゃんが弾いたんか。

H:(Ebiが作ったリフだから)まだ違和感が残ってるんですけど(笑)。まぁ、13曲入っている中で1曲ぐらいは、そういう曲があってもいいですよね。

T:耳を休める感じで聴いてもらえればいいと思いますね。

E:NFGの『Coming Home』でJordan (Pundik)が低い声で歌ったように、Takayukiだってこれぐらいのキーで、いい声を出せるって思いましたけどね。リフ云々を抜きにして。

-全国5ヶ所を回るmaximum 10 tourが始まったわけですけど、POP DISASTERとしてアルバムのツアーは?

T:4月から6月まで、10本ぐらいなんですけど、ゆったりと回ろうと考えてます。

E:今回、本当に自信作なんで、ホントはもっと回りたかったんですけどね。ただ、maximum 10 tourを最後にベースが抜けることになったんで、サポートで(ライヴの)クオリティを下げてもしかたないからコンパクトにやろうかな、と。ただ、大勢の人が買ってくれたらアンコール・ツアーもできるんで(笑)。

T:激ロックにベース募集って載せてもらおうか?

E:ややこしいわ、ほんまに来たら(笑)。

-では、最後に聴きどころも含め、新作のアピールをダメ押しでお願いします。

E:Track.4の「I Don't Care」を何回も聴いてほしいとみんなに言いたい。ビデオ曲には選ばれなかったけど、僕はそれが一番お気に入りです。

-けっこうヘヴィというかハードな印象の曲ですね。

M:私はTrack.3の「Falling Falling, CrawlingCrawling」が好き。その曲のサビがすごくわかりやすい歌詞なので、ライヴではみんなで一緒に歌えたら楽しいかな。

H:ビデオを作る曲もお気に入りではあるんですけど、アルバム通して聴いてほしいという気持ちが今回は特に強いですね。ビデオは引っ掛かりがあると言うか、聴きやすい曲を選んでるんで。

T:レーベルに任せて、僕ら選んでないんですよ。どれでもいいですよってスタンスなんで。

H:だから、ビデオを見て、こんなアルバムなんやと思って買ったらびっくりするかもしれない。

T:ああ、それは確かに。

H:暗っ!速っ!メロディアス!みたいな(笑)。

T:1発目のビデオは、「Don't Be Afraid」を撮るんですけど、それはいつものPOP DISASTERやんって感じるになると思うんですよね。でも、アルバムを聴いたら、ううーん?!となると思う。アルバムを聴いた人の反応が今から楽しみですね。