MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

POP DISASTER

2014.02.17UPDATE

2014年02月号掲載

POP DISASTER

メンバー:Takayuki (Vo) Ebi (Gt) Hossy (Gt) Maiko (Dr)

インタビュアー:山口 智男

-今回は、そもそもどういうアルバムを作ろうと考えていたんですか?

T:コンセプトは特になかったんですけど、今のライヴ・シーンにちょっと寄せた曲を作ったほうがええんちゃうんかなって。

-今のライヴ・シーンっていうのは......。

E:ラウド全盛だし。

T:若いお客さんも多いし。

E:スカ系のバンドがぐいぐい来てるし。そういう系のバンドと対バンすると、どうしても盛り上がり方の見栄えで負けちゃうような気がして、曲作りに関してはけっこう考えさせられたりしましたね。

M:それで会議もしたもんね。

E:実際、裏打ちの曲も作ったんですけど、やっても楽しくなくて、ボツでいいよって。そのあと、自分が好きな曲を作ったら全然、気持ちが違ったんで、うわ、やっぱ自分が好きじゃない曲やるの無理やわって思いました。でも、周りからは、こうせえ、ああせえってけっこう。レーベルからは何も言われないのに(笑)。僕も悩んでたんで、先輩とかバンド仲間とかにいろいろ聞いてみたんですよ。

M:でも、みんな言うことがバラバラで。中には、「ヴォーカルは動かずにしっとりと歌いあげるほうが美メロを生かせて、おまえらイケるぞ」って言うハードコアな先輩もいて。その人はめっちゃ暴れるライヴしてるのに、え、そんなことを言うんやって(笑)。

H:反対に、「もっと盛り上げたほうがいいよ」って言う人もいるし。

M:もう何を信じていいのか(笑)。

E:昔はほんま、周りからどう思われるかなんてことは100%考えてなかったバンドやったんで(笑)。曲作りにしてもライヴにしても、自分らが納得できればいいってやってたことを思うと、今回はかなり考えましたね。考えた上で、自分らが納得できるところまでがんばって持っていこうって。とは言っても、自分らがかっこ悪いと思うことはやらないですから、絶対に。

M:「Don't Be Afraid」は作るとき、サビのノリとかBメロのトリとか、ねぇ。

H:ああ、落とさずに行こうって。

M:私らにありがちなのがBメロでちょっと(テンポが)落ちてからサビってパターンなんですけど、その曲はもうライヴのノリやすさをとことん追求しようってことで、そのまま突っ走る曲で行こうってなりました。

H:やったことがないことをやってみようって、今までだったら静かになってクリーン・トーンでチャラーンってなるところを、ズンツタン・ズンツタンってビートをバリバリ刻んで、歪みも落とさずにやってみました。そのほうがノリやすいとか自分らも気持ちいいんじゃないかとかって考えたんですよ。

-そういう曲もあれば、さっき言っていた得意のパターンの曲もあるし。

E:結果、いろいろなタイプの曲ができましたね。

-でも、どこを切ってもPOP DISASTERだと思えるアルバムですよね。

H:Takayukiさんが歌うだけで絶対、POP DISASTERになるっていうのはわかってるんで。いろいろやってみても、出来上がった曲を聴いてみると、やっぱり俺らやわって思えるぐらいには持っていけましたね。