MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

POP DISASTER

2014.02.17UPDATE

2014年02月号掲載

POP DISASTER

メンバー:Takayuki (Vo) Ebi (Gt) Hossy (Gt) Maiko (Dr)

インタビュアー:山口 智男

-メロディック・パンクという意味でこだわりってありますか?

E:僕はどんな曲を、たとえばバラードをやったとしても、ポップ・パンクをやってると思ってますけどね。ま、別に何でもいいっちゃいいんですけど。

T:僕はあんまりないかな。最早、POP DIASTERとしてやってるって感じなんで、ジャンルは全然気にしてないです。

H:一番困るのは、どんな音楽をやってるの?って、僕らのことを知らない人から聞かれた時に、いや、ポップ・パンクも好きだしエモも好きだけど、どんな音楽かって言ったらロックやな。ロックやねんけど、ちょっとCD聴いてみる?ってなっちゃう(笑)。

T:何て呼ばれてもいい。ポップ・パンクでもいいし、メロディック・パンクでも、ロックでも何でも聴いた人が判断してくださいって感じです。昔はけっこうポップ・パンクや!って感じだったんですけどね。

E:今のアメリカのポップ・パンクも一辺倒じゃないじゃないですか。それこそ打ち込みだってやってるし。それでもポップ・パンクって言ってますからね。

H:まぁ、ルーツにあるのはポップ・パンクなんで、それは絶対残ると思うんですけどね。どんな曲をやっても。

-そう言えば、今回のアルバムにもエレクトロ・サウンドを使った曲があるじゃないですか。「Here We Go Now」って。

T:最初から入れるつもりはなかったんですよ。エレクトロありきで作ったわけではなくて、曲ができてから......。

E:僕が何か入れたいんだけどって言い出して。

M:あの曲、おしゃれやな。

E:あれもビデオ曲になっちゃいましたね。

H:正直、僕は自力で演奏してへんことを入れるのはめっちゃ嫌だったから、僕だけ要らんしょって言ってたんですけどね。

E:でも、シンセのフレーズはライヴでは僕がギターで弾きます。

H:誰もピアノ弾けませんからね。

E:と言って、同期も使いたくないんで。

H:僕と同じ考えのファンもいると思うんですよね。でも、何回か聴いてるうちに、けっこうええやんって思えたんで(笑)。

-いや、すごくいいですよ。この曲。Ebiさんはエレクトロ系の音楽ってふだんからけっこう聴くんですか?

E:いや、全然聴かないです(笑)。

H:逆に僕のほうが聴いてますね。それこそSkrillexとか。ただ、自分らでやるのは最初抵抗がありましたね。

E:Takayukiが持ってきた曲なんですけど、Takayukiは音をいろいろ入れるのを嫌って、めっちゃシンプルにしたがる傾向があるんですよ。それでリード(のフレーズ)を考えるとき、うるさくないシンセならいいだろうって。ギターでやったらうるさいと言われると思ったから。

H:結果、めっちゃシンプルになりましたね。

E:Takayukiはたぶん最初のギターのディレーがすべてって曲にしたかったはずだと思うんですけど(笑)。

T:口で言ってましたからね。ファファファーンってやってって(笑)。

H:音が長いやつか途切れるやつか、どっち?って尋ねたら、それは任すわって。任すんかいって、そこから始まった曲ですね(笑)。

-その他、挑戦だったとか新しいことを試したとかって曲はありますか?

M:「Let's Go」はおしゃれだけど、おしゃれだけで終わらず、ライヴでも楽しくノレれそうで新しいと思いました。