MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

PARAMORE

2013.02.16UPDATE

2013年03月号掲載

PARAMORE

メンバー:Hayley Williams (Vo) Jeremy Davis (Ba) Taylor York (Gt)

インタビュアー:ムラオカ

-まずは3年半ぶりのニュー・アルバム完成おめでとうございます。完成しての今の気持ちを教えてください。

Jeremy Davis(以下J):活動を再開するのがすごく楽しみだよ。アルバム制作に長い時間をかけるのは本当にエキサイティングだった。誰にも邪魔されなかったし、ツアーに出るための締め切りとかもなかったからさ。今は、世界に出て、ファンのためにプレイするっていう次の仕事にとりかかるのにワクワクしてるよ。

Taylor York(以下T):アルバム作りにこんなに時間を費やしたことはなかったから、これまではスタジオからツアーっていう変化はそれほど劇的じゃなかったんだけど、今回は毎日スタジオにいたのに、今はそうじゃなくて、変な気分だよ。嵐の前の静けさっていうかさ。すごく興奮してるんだけど、バッチリ準備もできてるよ。

-今まで2年毎にコンスタントにアルバムをリリースしてきたあなた方ですが、今作では今までの倍近い年月がかかっていますね。その理由を教えてください。

Hayley Williams(Vo):私たちは本当に長年活動を続けて来たから、息抜きをする時間が必要だったんだと思うの。私が16歳の時から、私たちはずっとツアーに出ていたわ。だから今回、自分たちに成長する時間を与えられたのはいいことだったの。私たちにはそれが必要だったのよ。でも同時に、曲にとっても時間が必要だったの。それぞれの曲がこういう形になることが必要だったの。スタジオでは、曲に時間をかける自由があって、ただ呼吸して、リラックスして、新しいことを実験するのを楽しんで、すごく良かった。思い描いた通りに曲が書ける時もあるし、取っ組み合いをしなきゃならない時もあるわ。だから、自由が沢山あってナイスだったの。そういう風に時間をかける運命だったんだと思うわ。

-またここまでリリース期間が開いてしまったことで不安を感じることはありませんでしたか?

T:不安はあったと思うよ。

H:うん。

T:でもそれを心配して焦って作るか、心から誇りに思えるものを作るかのどちらかだったから、焦るのは間違いだったと思うんだ。それをやっていたらすごく違ったアルバムになっていたと思う。

-結成からずっと一緒にやってきたFarro兄弟が脱退しましたね。何度も受けた質問かもしれませんが2人の脱退の真相を教えてください。

H:人はそれぞれに違うことを人生に求めるんだと思う。今全てを振り返ると、私たち全員がバンドをやりたがって、そしてバンドとして長い年月を一緒に過ごしたわ。でもそれが望んでいたこととは違う場合もあるの。彼らが望んだのはバンドにいることじゃなかったのよ。それはそれでいいの。

-今はサポート・メンバーであるドラマーのIlan Rubinを入れての活動ですが、彼らとはいい関係でいますか?

H:Ilanは最高よ。

T:この後数ヶ月、僕たちのツアーに参加してくれるんだ。でも、それで終わりなんだ。とてもいい友人になったから残念なんだけど、彼には他にたくさんのプロジェクトがあってさ。

-その後のドラマーは決まってるんですか?

H:まだよ。私たちがツアーする時のファミリーはもう固まってるけど、ドラマーに関しては、今後活動をする中で決めていくつもり。ちょっとストレスだけど、大丈夫よ(笑)。

-今後Farro兄弟に代わる正式メンバーの加入はないのでしょうか?

T:今のところ、この現状に満足してるんだ。この3人が正式メンバーで、一緒にツアーしてるメンバーも大好きだから、そういうことは今のところ考えてない。絶対にありえないとは言わないけどね。

-3人の新体制のバンドのオフィシャル写真を拝見しましたが、前作時のものよりさらにアダルトな雰囲気になりましたね。またHayleyがセンターに立っていないという点にも驚かされました。今回のオフィシャル写真のコンセプトがありましたら教えてください。

H:あの写真撮影は、すごくシンプルだったの。配置はいくつかあって、私がセンターに立っているものもあったんだけど、あの写真の時は、単に私たちがカメラの前でうろうろしてたの(笑)。撮影してくれたPameraは本当に素晴らしいフォトグラファーで、誰もがやるような3人組の配置にこだわらないクールな人だったんだと思うわ。本当にクリエイティヴな写真を撮ってくれて、クールだった。センターに立たないのは楽しかったわよ。

-前作は全米では2位、そして全英ではなんと1位を記録しましたね。全米ではトップ・ランクでも全英ではあまりいい反応を得られない、またはその逆も多く、全米、全英両方で結果を残すのは非常に難しいと思います。今考えてみてこの好結果は何が要因であったと思いますか?

T:僕たちには素晴らしいファンがいるからだと思うよ。アメリカとイギリスの両方でたくさんツアーをやって、一生懸命働いたけど、両方に僕たちとつながってくれたファンが沢山いるんだ。僕たちはファンに恵まれてるんだよ。彼らには本当に借りがあるっていうか、とても感謝しているよ。だからそれ以外の理由ってないと思うな、他に何か思いつく?

H:ううん、当たってると思うわ。