MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

GOOD 4 NOTHING

2011.08.09UPDATE

2011年08月号掲載

GOOD 4 NOTHING

メンバー:U-tan(Vo&Gt) TANNY(Vo&Gt) MAKKIN(Ba) SUNE(Dr&Kuchibue)

インタビュアー:TETU★KID

19)1,2,3....

M:ノリシリーズの数字のやつ(笑)。

U:でも実は意味が深いんですよ。最後の一行が。

M:そうなん?

U:数字を数えているうちにも、色んなものが進んでいってるんやっていう。

M:そうなんや(笑)。

U:例えば環境破壊もそうやし......

M:やめてー(笑)!

U:いや、ほんまやで。めっちゃポップやねんけど、"この意味分かるか?"っていう。

M:そこに全部集約してるってこと?

U:そうそうそう。

T:俺、環境破壊は分からんかったけど(笑)。何にでも当てはまるってことやな。

S:"数えている間にも時間は過ぎていってんねんぞ?"っていう内容ですね。

M:はい、了解しました。

T:これが大阪は堺が生んだパンクスです。

20)Freedom

U:これは"短いバラードって作れるのかな?"って思って、作った。

M:かなりかっこいいっすね。

U:これにもガッツリアコギが入ってて。今までバラードやってきたけど、ここまでアコギをフィーチャーしてこなかったんで。全部一回しかメロディが出てこないんで、でも起承転結してて、また聴きたくなる。

M:コーラスがいいっす。

一同:笑

T:この曲こそ頭からもう一回聴きたくなる曲やんな。

21)Wait here

U:レコーディング中に出来た曲なんですけど、アコギ弾いてるうちにメロディができて、で、歌詞を作って。"こんなんどお?"って聴かせたら、"うん、いーんじゃない?"みたいになって、入れました。まぁこんだけ曲数があるんで、1曲くらい弾き語りがあってもいいんじゃないかと。ワンマンのライヴでも最近はよく真ん中にアコースティックをしているんで、その感じも出したくて。

T:一発録りやんな。

U:だからピッチが甘いところもあるんすけど

T:それもご愛嬌。

U:逆にそこが聴き所っていう(笑)。

-ありがとうございました。タイトルは、"IT's SHOW TIME"と『It's Shoooort time!!』と掛けているという解釈で良いのでしょうか?

U:そうです。

-アートワークのデザインはどうやって決めたのでしょうか?

U:おもちゃ箱だったり、遊園地だったり、サーカスっぽい、なんでも入っているような雰囲気にしたくて。タイトルは中国の新幹線の中で決めました。

T:見たままですね。箱から色んなもんが出てくる。"いらっしゃい!"って(笑)。

U:そんな雰囲気が出せたらいいなぁって。

-DVDのデザインに関しては?

U:BACK 4 GOODを始める時から、DVDのパッケージの案はこれにしようと決めていたんですよ。ライヴハウスのパスを全部広げたジャケットにしたいと。SUNEが各会場でパスを集める担当に任命されて。

S:無かったやつは何個かうちらのパスで誤魔化してます。

T:よー見たら中国の空港で張られるシールがあったり。

U:暇な人はジャケットも見てみてください。

-今後の予定を教えてください。

U:年内にもう一作品出せたらいいなと思っています。まだぜんぜん決まっていないですが。

T:俺ら常に曲は作っているから(笑)。

U:なんか作ってんすよね、常に。

T:まぁぼんやりと、出せればいいかなーくらいなんすけど(笑)。

U:来年はアルバムやな?春くらいに出して、また大規模なツアーが出来たらな、と。

T:次は中国、アジア・ツアーやな。タイ、マレーシア、ベトナムも攻めたいですね。