MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

GOOD 4 NOTHING

2011.08.09UPDATE

2011年08月号掲載

GOOD 4 NOTHING

メンバー:U-tan(Vo&Gt) TANNY(Vo&Gt) MAKKIN(Ba) SUNE(Dr&Kuchibue)

インタビュアー:TETU★KID

11)Going On The Road

U:この曲は、俺的にはあまりなかった雰囲気の曲かな、と。

M:青春やね。

U:90年代の日本のメロコアって感じの。続きも聴きたくなるし、もう一回頭からも聴きたくなる、うまいこと出来ている曲。

M:コーラスもええしね。

T:俺、俺やな(笑)。

U:これからの新しいきっかけになる曲になったんちゃうかな。

12)Sundays

U:20曲作ろうとした時に、アイディアも出尽くしたんで、"よし、曜日の歌を作ろう"と(笑)。月から土は嫌いだけど、日は好きっていう歌にしようぜって(笑)。しかもその日曜日にSが付いているっていう。モッシュするには短いけれど、ライヴで盛り上がれる曲だと思います。

T:曜日のところをシンガロングしたりとかね。

U:日曜日は大好きや!言うてな。

13)JUST LIKE YOU

U:これは90年代の往年のパターンです(笑)。

M:まぁノリです(笑)。

一同:爆笑

M:だってノリと勢いでバッと作ってしもたやん!

U:そういうことじゃなくて!ちゃんと曲を紹介しなあかんの。

T:ノリの一言で片付けてもうたら、全部ノリやん!

14)Go Away

U:リフを弾きながらメロディを乗せるという初めての試み。ポップな感じで。フックきいてて。ただ、歌詞は中国のクレイジー・ドライバーのことを言っています。電話する度に"あと5分で着く"って言いながら、1時間半かかって。そいつの歌です。

T:最後は"See You Next Life!"来世で会おう、と(笑)。

U:ストレス溜まった時に爆音で聞いてほしいな。

15)Tomorrow

U:これもインストの延長なんすけど、一瞬裏切りたいな、みたいなところがあってAメロが始まって1秒で終わるっていう(笑)。

T:めっちゃ道を見せてるのに、手前に落とし穴がある、みたいな(笑)明日が来るって言われても(笑)。

U:そんな"ぷっ"と吹き出すような曲ですね。

16)Searching For My Way

U:この曲は一番ドラマチック。実際、レコーディングしてたら1分台に収まらなかった。

T:最初のアコギで感情込めて弾きすぎて、長がなってもうた(笑)。

U:メロディが染みてくる曲なんで、通勤帰りの電車の中で疲れを癒してくれるんじゃないかな。

T:にしても短いけどな(笑)。

U:確かに、でもそれは仕方がない(笑)。

T:忙しい人にはええんちゃう(笑)?

U:サビはシンガロングできるんで、みんなで歌えたらな、と。

17)Alive

T:俺らのルーツである初期パンクを意識して作った曲っすね。単純にパンキーな曲がやりたいと思って。

U:結果、ロックな曲になったよね。

T:そうやな。もっとコテコテの感じになるんかな思ったら、G4N色になったね。

U:グッドコアやね。

T:歌詞も諦めんなみたいな。死んでたまるか、負けへんぞ!みたいな。若い子はこれを聴いて学校に行ってください。

18)Time To Breathe

M:これイチバン苦労したよな。尺を短く出来んくて、一回諦めたり。

T:次のアルバムに入れようと思っていた曲。

U:この曲がいいから入れようやって。

M:良い感じに濃縮されたな。

U:それはもう俺らの13年の手腕が。

一同:笑

U:人生の不安な部分と、この先を見てみたい気持ち。

M:コーラスが気持ちいい。

T:俺たちにしか出来へん曲なのかなぁと思ったりして。