MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SECRET 7 LINE

2011.01.06UPDATE

2011年01月号掲載

SECRET 7 LINE

メンバー:RYO(Vo&Gt) SHINJI(Vo&Ba) TAKESHI(Dr)

インタビュアー:TETU★KID

-2曲目「COME BACK TO YOU」はシングルで既にリリースされていますね。

S:実はこの曲の元ネタはかなりテンポがゆったりとしたものだったんです。なので曲もスロー・テンポなものになるイメージだったのですが・・・速いテンポにしてみたらしっくりきてしまって、結果こうなりました(笑)。

-もとからシングルを意識して作った曲なんですか?

R:そうではなくアルバムを作っていく途中で何曲か作ったときにこの曲をシングルにしようと選んだんです。

S:どの曲を作るときもシングル曲を作ろうという思いで作っています。常に自分自身のアンセムを追い求めていますね。

-12曲目の「GRATITUDE」は今までのSECRET 7 LINEには無い新境地的な楽曲だと感じました。

R:全部が速い曲にしてしまいたくない。という想いがあってこの曲を入れました。自分がアルバムを聴く際に一曲こういうテンポの曲があるとアルバム全体のバランス良くなるので。最初はアコギ一本で歌いきれる曲だったんですが、これをバンドでアレンジして完成させました。

-この曲を最後に持って来たのは凄くにくいなと思いましたよ。

R:このタイプの曲を入れるとすれば最後か中盤ですよね。例えばこの曲が3曲目とかに入っていたらどうですか?試聴した子はSECRET 7 LINEは変わったなと思われちゃう気がするんですよね。

-なるほど、確かにそうですね。曲順に関しては結構悩まれましたか?

R:正直そんなに悩みませんでした。

T:一曲目の「NEW WORLD」はRYOがアルバム一曲目を意識して作った曲なんですよね。曲順に関しては僕もパーフェクトだと思っています。7曲目の「ONE MORE CHANCE」は個人的にも好きなんですよね。僕自身勝手に名曲は7曲目か、8曲目にあると思っているので。

R:GREEN DAYの「Basket Case」も7曲目だしね。

-ライヴでどういう風に表現されるか楽しみですね。そしてアルバムをリリースした後はツアーが始まりますね。ツアー経験が多いSECRET 7 LINEにお聞きしたいのですが、ツアーを回る上で気をつけていることなどはありますでしょうか?

S:やっぱり体調管理にはかなり気を使っていますね。

T:そういえば僕はまったく気を使ってないですね(笑)。

R:体調管理に関してはマストですね。食えずにツアーまわっても結局病院送りになってツアーができなくなるだけなんで、無理をしてでも栄養は取るようにしていますね。

T:しいて言えば寒くない格好で寝ないことかな。ツアー中に風邪を引いてもライヴをやると風邪が治っちゃうんですよね。39℃の熱があってもライヴで汗をかくので終わると風邪が治って打ち上げに出れるという感じなんですよね(笑)。

-2011年のツアーファイナルはUNITでワンマン・ライヴですね。

R:SECRET 7 LINEとして初ワンマン・ライヴなんですよね。

-そうなんですか?意外でした。

S:今から楽しみで仕方がないですね。

-セットリストや具体的な展開は考えてますか?

R:さすがにまだ考えてないですね。

S:なんだかたくさん曲をやるんだろうなー、位にしか考えてないです(笑)。

R:全曲やりましょうか!

-良いですね!

R:それくらいのサプライズはあってもいいかな。

S:対バン形式では知らないお客さんもいますが、ワンマン・ライヴは全員俺らを知っているお客さんだから、そのお客さんをどこまで連れて行けるのかが勝負だと思います。

-わかりました。では最後に2011年の抱負を教えてもらえますでしょうか?

T:ツアーが始まるので体調管理に気をつけて頑張りたいと思います。

-真面目ですね(笑)。

R:えー、僕は早目の花粉症対策をしていきたいと思います

-(笑)

S:2011年はもう一回り大きくなりたいですね。ステージに立った姿が今よりもっともっと大きく見えるように頑張りたいと思います。