MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

HAWAIIAN6

2009.11.18UPDATE

2009年11月号掲載

HAWAIIAN6

メンバー:Yuta(Vo&Gt)

インタビュアー:ムラオカ

-最初の指定はまったく無いんですね。

そうなんです。出てきたものに対して多少の意見は言いますが、最初の指定はまったく無しですね。いつもほぼ一発OKな感じですね。

-「Blackout」はバンド至上初の配信シングルでしたが、なぜ配信という形を取ったのでしょうか?

特に深い意味は無いんですけど、配信という形をやったことが無かったので、良いのか悪いのか判らないじゃないですかやってみないと。
今までi-Tunesではやったことがあったんですが、それはCDが発売後配信だったんですね。今回は先行で配信、しかも携帯での配信って形でやるっていうのは実際にどうなんだろうって、検討もつかないので、じゃあやってみるしかないんじゃないかなってことで、やってみました。

-実際にやられてみてどうですか?反響などは?

正直なところ、あんまり実感がないですね。やってみてもやっぱり判んないですよね。誰かが街中で携帯で僕たちの曲を聴いているところを見た事も無いですし、言ってくれることも無いですし、CDだったら判りやすいじゃないですか何枚売れましたとか。なんかダウンロード数を聞いても、『ん?』みたいな感じで(笑)なんかちょっと実感がわかない部分が多いですね。
なんかウチのドラムがこの間のライヴのMCで言っていたんですが、『配信どうでしたか?』って言ったら会場がシーンってなって(笑)で、『じゃあもうやらねえよ!』みたいなことを言ったら凄く盛り上がって(笑)・・・やっぱやらない方がいいのかな(笑)
実際ライヴに来れないような人がいっぱい居て、そういう人達にはもっと気軽に聴ける良い媒体になったのかなとは思ったんですが、例えば近くにCD屋さんがないとか。だけどそれは見えないから想像でしかないですよね。

-たしかにライヴに来れる人っていうのはそれなりの人口の街に住んでいて、CD屋さんの環境にも恵まれていてっていう人が多いのかもしれませんね。

ライヴに時間が割けるというか、たぶん時間を割けない人もたくさんいると思うんですね。なんかどうしても割けない人、会社が忙しいとか、わかんないですけどそういう人が時間とか気にしないで楽しめるって言うのは良いのかも知れないですね。ただ、僕もi-podくらいまでしか使ったことがないので、携帯で音楽を聴いたことがないんですね。なんかどうなんですかね?手が伸びる伸びないって言うのは世代の壁みたいなものもあるんでしょうね。でも今の若い人達はそれが普通なんでしょうね。

-僕個人はCDで手に入れないと、買った気にならないっていうのはありますけどね。

そうそう!それなんですね。携帯をふと見て、あ、これ入ってた。そうだ買ったわ、俺。みたいなことになりそうなんですよね。忘れちゃいますよね。

-判りました。今後HAWAIIAN6の配信は無いということでいいですね。

いやいや、まだわかんないですよ(笑)

-また「Blackout」のPVは暗闇でメンバーが演奏するだけ、といういたってシンプルなものでしたがこのPVのアイディアはメンバーから出たものでしょうか?

今回は自分たちでやってみようよと言うことになって、みんなでアイディアを出しながら作りました。

-ということは特に誰が先頭に立ってということも無くということですか?

先頭に立っていたのはメンバーではなく、ウチのチームの人間なんですけどね。なんか自分たちでやるのも面白いなと思って。さらに今回は暗い感じが面白いなと思いまして。

-本当に暗いですよね。

暗いどころじゃないですよね。暗すぎますよね(笑)でもそこが狙いなんですよね、なんかやりすぎ感っていうのがすごく良いんじゃないかなって。まぁ、出来上がりも気に入ってますしね。なんか面白いものができたとは思ってますね。

-HAWAIIAN6は楽器やサンプリングなどの小細工を使わずにギター、ベース、ドラム、ヴォーカルのみというスリーピースで出せる音のみで真っ向から勝負していますね?それはライブで再現できないことはやりたくないということも関係していますか?

そうですね、ある程度はそういうこともありますが、基本的にライヴとレコーディングはまったくの別物だと思っています。どうしても再現できないことってあるんですよ。
でもそれはそれでレコーディングの面白さというか。たとえばサンプリング入れてみたりとか、シーケース入れてみたりとかというのはありだと思うのですが、ただ好きじゃないだけなんですよね。メンバーもダンス・ミュージック大好きって感じだったらたぶんやっているとは思うのですが(笑)別に3人とも好きじゃないし、好きじゃないって言っても個人的に趣味では好きかもしれないですが、でもバンドでそれをやろうって話にはならないですしね。本当にそれやって意味あるのかな?って思っちゃうんですよね。
レコーディングで録ったものを100%ライヴ表現しようと思ったら絶対に無理で、曲によってはそれこそギタリストが8人くらい必要になったりする瞬間とかもあるので(笑)それはそれかなって思いますね。
ただ、3ピースであることっていうのは凄く大事だなとは思いますね。なんていうんですかね、最小限じゃないですか。まぁ2人でやろうと思えば出来るんですが、ロックバンドとしては最小限じゃないですか。そこが凄く面白いなと思うんですね。やりがいはありますよね。人を足したり機材を足したりでカヴァーできる部分って言うのは凄くあると思うんですが、僕は人力で出来るとこまでやるっていうことが大事だと思うんですね・・・(沈黙)