MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

FEATURE

YOSHIKI feat. HYDE

2018.10.05UPDATE

YOSHIKI×HYDE、溢れる才能による奇跡のコラボレーション。"進撃の巨人 Season3"OPテーマ、珠玉の楽曲『Red Swan』を世に放つ!

ライター:杉江 由紀

時の流れと運命の巡り合わせというものは、稀に思いもしなかったような奇跡を生み出すことがあるようだ。そう、例えば10年前に、"YOSHIKIとHYDEがコラボする"というこの衝撃的な事実を、いったいどれだけの人が予想できただろう......?
 
かれこれ35年以上の歴史と輝かしい功績を誇るX JAPANを長年リーダーとして率い、波乱万丈な展開に見舞われながらも現在進行形のレジェンド・バンドとして成長させ続けてきたYOSHIKI。そして、L'Arc~en~Cielのヴォーカリスト hydeとしてはもちろんのこと、昨今はソロ・ヴォーカリストとしての活動なども精力的に行っているHYDE。このビッグすぎるレジェンダリーなふたりがタッグを組み今ここに完成させたのは、10月3日からフル・サイズでの全世界配信がスタートした、『Red Swan』と名付けられた、限りなく美しく味わい深い珠玉の楽曲となる。
 
ちなみに、この『Red Swan』は社会現象と言ってもいいほどの話題性を生み出し、この秋からはついにNHK総合での全国放送が始まったTVアニメ"「進撃の巨人」Season 3"のOP曲として起用されているもので、すでにTVサイズでは見聞きをしたことがあるという方も相当数いるに違いない。


 
ただ、今回のフル・サイズ音源については、TVサイズよりもさらに『Red Swan』の魅力を、より余すところなく味わえる仕上がりになっていることが断言できるので、筆者としてはこの記事を目にしている全読者に対し、改めてこのフル・サイズVer.のかたちで聴いてみることを絶対的におすすめしたいところ。なお、YOSHIKIのコメントによるとこの楽曲にはX JAPANの名曲として名高い「Rusty Nail」を意識しながら作ったところが一部あるのだそう。そのあたりも、もちろん聴き込めば聴き込むほどにじわじわと沁みいってくるのではなかろうか。
 
また、英語と日本語が巧妙に織り交ぜられている歌詞も実に奥深いもので、"進撃の巨人"が持つ意味深なストーリー性をどこか彷彿とさせる表情も持っている一方、より一歩踏み込むようにじっくりと歌詞の内容を読み解きながら完成度の高い美旋律を聴いていくと、そこにはいわゆる"アニメ主題歌"の領域を遙かに超えた世界観が広がっていることに気づかされることになるはず。激動のアーティスト人生を歩み続けてきたYOSHIKIだからこそ描き出せる、死生観や哲学的な人生観までをも含んだ感動と感慨が、聴き手の心を激しく揺さぶることになるのは必至だ。
 
と同時に、そんな『Red Swan』を一段と完璧なものにしているのがHYDEの秀逸な歌であることも紛うことなき事実にほかならない。流麗なメロディを伸びのあるヴォーカリゼーションにて紡いでゆくその様もまた、彼だからこそ成し得るものだと言えよう。単にドラマチックな曲をスケール感たっぷりに歌い上げるなどという次元でもなく、そこに聖なる慈悲にも似た愛の存在を、歌というかたちでしっかりと伝えてくれているあたりが、HYDEでなければ醸し出せない圧倒的表現力の表れそのものなのだと確信する。
 
なお、今回のコラボレーションについてYOSHIKIは"あらゆる意味で壁を壊していくような曲を作ることが、ある種、僕の使命だった。まさか(HYDEが)引き受けてくれるとは思わなかった(笑)"と語っており、HYDEも"YOSHIKIさんに頼まれて断れる人はいない(笑)。でも、本当に喜んで引き受けました"とコメントしていることからも、この『Red Swan』がいかにレアで特別な作品であるのか、ということがよくわかる。
 
加えて、X JAPANのコア・ファン層からしてみると今作の"YOSHIKI feat. HYDE盤"アートワークが、先ほども触れたシングル『Rusty Nail』のジャケット写真をある種のかたちで踏襲したものになっている点も見逃せない点であろう。もちろん、"進撃の巨人盤"では、『Red Swan』のために新たにイラストが書き下ろされていることもここに付記しておきたい。
 
ちなみに、来たる10月28日にはHYDEが主宰する"HALLOWEEN PARTY 2018"にYOSHIKIが出演することも発表されたばかりでなく、11月の12日と15日にYOSHIKIの行うソロ・クラシック・コンサート"YOSHIKI CLASSICAL 2018 ~紫に染まった夜~YOSHIKI with Philharmonic Orchestra"には、逆にHYDEがゲストとしていずれかの日に出演することが決定しているとのこと。当然、我々としてはこれらの場において『Red Swan』が生披露されることも期待したいものである。
 
時の流れと運命の巡り合わせが生み出した、この『Red Swan』という名の希有な奇跡。それが永遠に響き続ける名曲であることは、もはや疑いようもない。

 

▼リリース情報
YOSHIKI feat. HYDE
ニュー・シングル
『Red Swan』
[PONY CANYON]
NOW ON SALE!!

yoshiki_hyde_jk.jpg
【YOSHIKI feat. HYDE盤】
PCCA-70532/¥926(税別)
amazon TOWER RECORDS HMV
 
yoshiki_shingeki_jk.jpg
【進撃の巨人盤】
PCCA-70533/¥1,111(税別)
amazon TOWER RECORDS HMV
 
1. Red Swan
2. Red Swan (Instrumental)
3. Red Swan -TV Edit- ※進撃の巨人盤のみ
 
■「Red Swan」配信中
Apple MusiciTunesレコチョクmoraLINE MUSICSpotifyKKBOX
 
■特設サイト:http://yoshiki-hyde.com

  • 1