MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

世界の終わりと夜明け前 / サイレン

一皮、いや五皮くらい剥けたうえ大幅バルク・アップを果たしたような印象だ。今作では元LAID BACK OCEAN/sadsのYUTAROが、アレンジおよび映像制作ブレーンとして参加しているそうだが、アルルカンはこれを機に驚異の超進化を遂げたと言えよう。より純度を増したバンド・サウンドと、真摯さの漂う切望を託した歌詞たちが、まっすぐに聴き手の胸を打つ「世界の終わりと夜明け前」。これまでになかったモダンなアプローチと、彼らの得意とするエモみ満載なアッパー・チューンが交錯する中で、"ーアナタに会いたいー"というメッセージがループする「サイレン」。どちらにもコロナ禍を経て生まれたものであるからこその影と毒は漂うものの、意地でも未来への希望を繋いでみせるという気迫を彼らの音から強く感じる。 杉江 由紀