MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

Theory of Evolution

Jupiter

『Theory of Evolution』

Release Date : 2018-08-08
Label : zenorecords
¥2,000

ex-CONCERTO MOONのKUZE(Vo)を新フロントマンに据え、新5人体制で始動した彼らの3曲入りニュー・シングル。表題曲は、ほぼ日本語詞を貫いた堂々たるメロスピ・ナンバーに仕上がっている。中盤にプログレッシヴな展開を盛り込み、勇壮なメロディに背中を押されるパワフルな曲調と言えるだろう。KUZE作詞作曲による「Bring me out」は、強靭なリフで引っ張るラウドな質感があるものの、クラシカルなフレーズも散りばめられ、重厚なシンフォニック感も聴きどころだ。「Angel's wings」は、押し殺したようなグロウル調のヴォーカルが迫力満点で、ライヴのコール&レスポンスを意識したコーラスもいい。全3曲、ライヴで映えそうなタイプの違う楽曲が勢揃い。彼らの進化を刻みつけた入魂の1枚だ。 荒金 良介