MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

ENEMY IS ME

PRAISE

『ENEMY IS ME』

Release Date : 2018-07-11
Label : TWILIGHT RECORDS
¥1,620

エッジの効いたヘヴィでキャッチーなギター・リフで聴き手を掴み、起伏のあるドラマを生むビートで曲へとのめり込ませる。Yuta Kobayashi(Vo)による日本語でのラップは、キレ良く攻撃的にまくし立てたり、哀愁を滲ませたりと、リスナーを翻弄しながらエモーショナルなうねりを生む。ライヴを通じての経験、喜怒哀楽や心の機微を、リアリティのある音に変換し、獰猛で生き生きとしたサウンドを完成させた、バンドの意志を感じる作品だ。LIMP BIZKIT、ORANGE 9mm、RAGE AGAINST THE MACHINEなどのミクスチャー・ロックをルーツに感じるが、今回スローガン的に用いたのは"最新が最強"という、挑戦的であり、バンドのアイデンティティを示すもの。これが飛躍の1枚となる作品であることは間違いない。 吉羽 さおり