MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

A Dying Machine

TREMONTI

『A Dying Machine』

Release Date : 2018-08-01
Label : ユニバーサル ミュージック
¥2,700

CREED、そしてALTER BRIDGEといったふたつのモンスター・バンドのギタリストであり、ソングライティングの要である、Mark Tremontiによるソロ・プロジェクトの最新作。Markはギタリストやソングライターのみならず、リード・ヴォーカルも担当しているが、今作においてはなんとアルバムのコンセプチュアルな世界観に付随する小説を執筆するという多彩な才能も発揮した。深い物語性を秘めた作品に相応しく、全曲通して非常にドラマチックな構造で、唸りを上げるギター、ヘヴィなリズム隊、熱く歌い上げる哀愁のメロディはまさに一級品。ソロならではの実験性などは正直あまりないが、Markの生み出すサウンド、メロディが好きな人には間違いのない1枚であろう。 井上 光一