MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

FAKE?

2017.02.25 @LIQUIDROOM ebisu

荒金 良介

FAKE?の15周年を祝した[15th Anniversary Live FAKE? Live "The Queen's Banquet"]が開催された。DJ BASS(Turntable)のスクラッチ音が鳴り響くと、PABLO(Gt)、ZAX(Dr)のPay money To my Pain組を含め、d-kiku(Key/Manipulator)、JOE(Ba)、峰(Gt)という総勢6人編成のバンドを率いたKEN LLOYDが白いシャツに黒のネクタイ姿で、ビシッと決めて登場。
「Hedfuc」で勢いよくスタートを切ると、満杯のフロアは早くも沸騰! それからヘヴィなリフを用いたオルタナティヴ・ロック調の「Buzz」で畳み掛けると、会場の熱は高まるばかり。「Lucifer's Cut」に入ると、KENはマイクを両手で力強く握りしめ、激しく歌い上げていく。熱いコーラス・ワークも手伝い、観客も手を上げて騒いでいた。

"FAKE?15周年、好きに楽しんでね。ここからは「Live Wonderland」......"とKENが説明すると、「The Twins」へ。"Live Wonderland"とは"不思議の国のアリス"をモチーフに、昨年6ヶ月連続で行ったライヴのこと。これはプログラマー、CGアーティストなどからなるクリエイティヴ集団、BRAND 360と共に立ち上げたWhite Rabbit Inc.によるもので、楽曲の世界観をヴィジュアル面からも補完する新しい試みが行われた。スクリーンにはDEEとDUMの双子や、花火が打ち上げられる華やかな映像が流れ、また、紫のレーザー光線が飛び交うなか、アッパーなダンサブル・ナンバーを放つ。ノリのいい曲調ゆえに、フロアには観客がジャンプする光景が広がっていた。それから「White Rabbit Inc.」、この日に世界同時配信リリースされた「Mad Hatz' Merry Go Round」を披露。楽器陣はステージ上で身体をくるくる回す仕草を見せ、EDM調のサウンドに乗って、KENのハイトーンが伸びやかに響き渡った。ZAXの力強いドラミングからエレクトロ色の強いヘヴィさで迫る「The Caterpillar」で会場に熱風を吹かせ、この"Live Wonderland"のタームが終わると、"......というようなことをやってました!"とKENがはにかんだ表情を浮かべるシーンも印象的だった。

そして、「Addicted」、「Here We Go」とエネルギッシュなロック・ナンバーが続くと、「Radio's Dead」をプレイ。インダストリアルなヘヴィ・ロックな曲調で、キャッチーなメロディに観客から合唱も沸き起こる。このサウンドの質感は、元NINE INCH NAILSのギタリストであるRichard Patrick擁するFILTERを彷彿させるものがある。 "15周年、この男がいないと......"とKENがおもむろに言うと、FAKE?結成時のオリジナル・メンバー、INORAN(LUNA SEA)がステージに姿を見せ、KENと熱い抱擁を交わした。それから「On My Tide」からゲスト・INORANを加えた編成でスタート。「Utopia」、「Further Away」とINORANは切れ味鋭いギターをかき鳴らし、KENも渾身のシャウトで楽曲の熱量を高めていった。男臭いグルーヴに満ちた「Everglow」に入ると、INORANのコーラス・ワークも映え、観客の熱気は右肩上がりだ。その様子を見て、"みんな前半はセーブしてただろ?"とKENがツッコミを入れ、会場から笑いが零れていた。
ここでメンバー紹介を挟み、"FAKE?の大将、KEN LLOYD!"とINORANが叫ぶと、"(メンバーそれぞれ)みんなの活動、FAKE?も応援してね!"とKENが言い、後半戦に突入する。PABLOがヘヴィなリフを刻みつける「Pristine」、ヘヴィ且つキャッチーな相反する要素を内包した「Lemontune」を披露し、KENはより荒々しいシャウトを叩きつけていた。
メンバーと観客がジャンプする一体感を作り上げた「Someday」のラストではZAXは壮絶なドラミングで度肝を抜く。さぁ、残すは1曲のみだ。ここで2002年に発表されたデビュー・シングル表題曲「Taste Maximum」をプレイ。INORANが力強いリフを弾き、衝動爆発のロック・チューンで、約1時間半のショーを締めくくった。

潔くアンコールはナシ、15年の歩みを鮮やかに駆け抜けたFAKE?。今年も何かと動きがありそうなので、FAKE?の動向に要注目! と言っておきたい。


[Setlist]
1. Hedfuc
2. Buzz
3. Lucifer's Cut
4. The Twins
5. White Rabbit Inc.
6. Mad Hatz' Merry Go Round
7. The Caterpillar
8. Addicted
9. Here We Go
10. Radio's Dead
11. On My Tide (w/ INORAN)
12. Utopia (w/ INORAN)
13. Further Away (w/ INORAN)
14. Everglow (w/ INORAN)
15. Pristine (w/ INORAN)
16. Lemontune (w/ INORAN)
17. Someday (w/ INORAN)
18. Taste Maximum (w/ INORAN)

  • 1