MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

FOO FIGHTERS

2011.03.31UPDATE

2011年04月号掲載

FOO FIGHTERS

メンバー:Dave Grohl(Vo&Gt)

インタビュアー:山本 真由

-まずはニュー・アルバムの完成、おめでとうございます。
早速、アルバム全11曲聴かせていただきました。“これぞ、ロック・アルバム!”という内容で、率直にとても清々しい気分になりました。特に、Track.1「Bridge Burning」やTrack.4「White Limo」のハードなギター・リフには、これまで以上にアグレッシヴになったFOO FIGHTERSの側面をみることが出来ました。アルバムを通して、サウンド面でコンセプトや主張はあったのでしょうか?

俺達はサウンド面で毎回新しいアプローチを試みている。過去の2枚のアルバムでは色んな事にチャレンジをして、自分達の可能性を広げられるだけ、広げてきた。でも今回はそれらとはまったく逆のアプローチをしたんだ。バンドの核となるものをシンプルにかつ、何倍にも強力に引き出すButchの助けもあって、今回の俺達のサウンドは未だかつてなくシンプルになったし、パワフルにもなったと思う。

-また、Track.8の「A Matter Of Time」は、音作りが凄く繊細で、歪んだギターとクリアなギターの音のコントラストなど、緻密に計算されている印象を受けました。それぞれのパートを組み立てる際に、軸になる重要なパートやポイントとして考えていることを教えてください。

今回のアルバム制作に関して、ギター・サウンドにはものすごくこだわったんだ。アナログ・レコーディングっていうのもあって、ギター・サウンドを何重にも重ねる事もできなかったしさ。面白いのは、俺、Chris、Patの3人は全く違うスタイルのギタリストだってことなんだ。俺はリズム・ギターで、ドラムみたいにギターを弾く。曲を作る時、リフは低い音の弦を使って、キックドラムとスネアみたいに弾く。最も低い音の弦がビートを作り、それが曲のリズムになり、曲のメロディになるんだけど、それは同時にコードを鳴らしている。高い音の弦はシンバルだね。それで全体をドラムのように見立てている。Chrisはスゴく基本的なギターを弾く。Chrisはスケールもセオリーもよく知っているし、音楽をどう読めばいいのかを心得ているんだ。だから、スゴく考え抜かれたギターを弾く。メロディックにも弾くし、パワフルにも弾く。バンドで一番のギター・プレイヤーだよ。何か難しいところが出てくると、“Chris、弾いてよ”ってなる(笑)。Patは一本の太い音で鳴らす。だからPatが弾くギターの音はスゴくラウドなんだ。この3人のギターが合わさってこのアルバムのサウンドになってるんだ。だけど3人が同じようなプレイをしていたらこうはならない。だから、3人のギターの構成はスゴく考え抜いたよ。誰が、どこで、何故弾いてるのかを考えておかなきゃいけない。最初は俺だけのギターで、そこにChrisが加わり、最後にPatが加わってでっかい音になる、そういう構成の時は常に3人全員が弾いていないことも多い。面白いのは、Patのギターを聴いてると、1997年のFOO FIGHTERSを彷彿とさせるところなんだ。で、Chrisのギターを聴いてると、2003年のFOO FIGHTERSを思い出す。それで今のサウンドを聴くと、この16年間のFOO FIGHTERSって感じがするんだ。

-Track.10「I Should Have Known」は、ストリングスの入った壮大なバラードですが、今回約20年ぶりにButch Vig(NIRVANA『Nevermind』のプロデューサー)とKrist Novoselic(NIRVANAのベーシスト)、そしてDaveがタッグを組んだ事でも話題となっています。何故このラインナップで制作しようと思ったのですか?

FOO FIGHTERSとしてはButchと仕事をした事がなかったんだけど、ベスト・アルバムに収録された新曲を2曲、彼と一緒に制作をして、その時にまた彼と一緒に仕事がしたいなって思ってたんだ。確かに彼は世界最高峰のロック・プロデューサーだし、そんな事に関係なく、俺はただ彼と仕事がしたかっただけなんだけど、俺と彼の間にはそれよりも深い繋がりがあるんだ。『Nevermind』みたいなアルバムをプロデュースする事がどういう事かわかっている人間も一人しかいないし、あのアルバムの成功によって俺らの人生は一変した。それに加えてKurtという大切な友人を失った事によって俺達の間には音楽よりも深い繋がりが生まれた。Butchは無駄なものをすべて削ぎ落とし、バンドが本来持っている核となるエネルギーを引き出すと共に、それを更に強力にする力を持っている。バンドのベーシックな部分を大事にしつつ、それを何十倍にも高めてくれるんだ。それこそが俺達が今回求めていた事だから彼とまた一緒にやろうと思ったんだ。
Kristとは今でもすごく良い友達で毎年のように会っている。NIRVANAというバンドを通じて経験したクレイジーな体験は今となっては俺と彼の2人しか知らない。だから、Butchとまた仕事をすることになった時、Kristを誘うのにちょうと良い理由ができたと思ったんだ。彼をレコーディングに誘った時に、深い理由やアルバムの方向性を聞かずに彼は即OKをしてくれたよ。音楽的要素よりも俺は個人的にこの2人と仕事がしたかっただけなんだ。また2人と一緒に仕事ができるなんて、こんな素晴らしい事はないし夢の様だよ。