MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

H.E.R.O.

2019.04.22UPDATE

2019年04月号掲載

H.E.R.O.

メンバー:Christoffer Stjerne(Vo) Anders Kirkegaard(Dr)

インタビュアー:菅谷 透

-アルバムの収録曲で、個人的に気に入っている曲はありますか?

Anders:どの曲も気に入っているから選ぶのが難しいけど(笑)、個人的には「Human」だね。ポップな曲調と、ヴァースでのChrisのヴォーカル、それからパワフルなコーラスが好きなんだ。

Christoffer:自分の子供たちの中から、お気に入りの子を選ぶみたいなものだね(笑)。俺は「Fall Apart Together」が気に入っているよ。俺の人生のとある経験から生まれた曲で、とても大きな意味を持っているから、歌うときには毎回鳥肌が立つんだ。人生における嫌な体験について歌った曲だけど、この曲を作ったことでそれを昇華することができたから良かったよ。

-差し支えなければ、どのような経験なのか教えていただけますか?

Christoffer:(笑)話すと長くなるから手短に言うと失恋についてだね。失恋というのは、いつも本当につらいことだよ。

-そうだったんですか......。もしかしたら、同じような経験をしたリスナーが、この曲を聴いて救われることもあるかもしれませんね。

Christoffer:うん、そうなることを願っているよ。

-では、今回の来日公演についてうかがっていきます。2度目の来日になると思いますが、日本の印象はいかがでしょうか?

Anders:大文字で"WOW!"と書きたいくらい、驚くことばかりだよ(笑)。みんなとてもフレンドリーだね。

Christoffer:すぐにでも戻ってきたいくらいだよ。

-昨晩はSLASHのサポート・アクトを務めました。ライヴの感想を教えていただけますか?

Christoffer:今までの人生の中で最高の30分間だったかもしれない(笑)。

Anders:SLASHと共演できたこと自体が俺たちにとって大事件だったし、日本のファンの前で演奏できたことも嬉しかったよ。

Christoffer:観客もみんな素晴らしかった。ライヴ中にフロアの様子も見ていたけど、デンマークの国旗を振ってくれる人や、歌詞を覚えて一緒に歌ってくれる人もいたんだ。

Anders:終演後には外でサイン会をやったんだけど、次から次へと人が並んでくれて、本当に感激だったよ。

-今回のSLASH以外にも、母国デンマークではPRETTY MAIDSなどの大物アーティストをサポートしています。彼らをサポートして得たもの、学んだものはありますか?

Christoffer:有名なバンドと一緒にやることによって、俺たちも新たなファンを獲得できる可能性があるから嬉しいよ。

Anders:レジェンドと共演することは常に刺激になるし、いつも何かしら学ぶことがあるんだ。そういったアーティストとプレイするたびに、俺たちもどんどん良くなっていくからね。昨日もSLASHのステージを観たんだ。彼ほどいろいろな体験を経て今に至る人はこの業界を探してもそういないだろうし、その経験がギターを通して伝わってくるようで、まるでギターと一心同体で育ってきたんじゃないかと思うほどだったよ。

-アルバムは4月24日にリリースされますが、その後の予定を教えていただけますか?

Anders:まずはツアーをたくさんやりたいね。もちろん、日本にもまた戻ってきたいよ。

Christoffer:もっと日本に来る機会があると嬉しいね。

-では、最後に日本のファンへのメッセージをお願いします。

Anders:もうすでにいろいろな人々にサポートしてもらえて、本当に感謝しているんだ。

Christoffer:みんなに"Thank You, We Love You"と伝えたいね。すぐまた日本に戻ってこれることを願っているよ!