MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SEX MACHINEGUNS

2018.11.30UPDATE

2018年12月号掲載

SEX MACHINEGUNS

メンバー:ANCHANG(Vo/Gt) SHINGO☆(Ba) LEON(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-その解釈の違いがいいケミストリーを生んでいるんでしょうね(笑)。今作はメタル・リフで身体が動いたり、シンガロングできたりするキャッチーさを意識して?

ANCHANG:理想としてはそう思って作りましたけどね。

-今作はメタル好きが聴いたら、ニヤッするフレーズが散りばめられてますよ。

ANCHANG:そうなってくれると嬉しいんですけどね。

-細かく拾うとキリがないですけど、JUDAS PRIESTを筆頭にMETALLICA、SLAYER、MEGADETH、ACCEPT、あと、DOKKENはかなり大好きですよね?

ANCHANG:あぁ、そうですね。George Lynch(DOKKEN)モデルのギターもたくさん持ってますからね(笑)。

-「CRUSH クリスマス」はDOKKENの「Alone Again」みたいなテイストも入ってますよね。

ANCHANG:メロディはそうですね(笑)。大好きですから。

-今回「みかんのうた」、「German Power」をリレコーディングしたのは何か特別な理由が?

ANCHANG:特にはなくて、LEONが勝手に録ってきたんですよ。

LEON:使うか使わないかは別でドラムだけ録ったんですよ。

-当時、「みかんのうた」はどんな気持ちで作ったんですか?

ANCHANG:高校生のころに作った曲で、METALLICAの1stアルバムとMÖTLEY CRÜE聴きながら作った曲なんですよ。で、大学に行ったときに"どこ出身?"という話になって、"愛媛だよ"と言うと、みんなが"ポンジュースで風呂に入るんだろ"とか言われて。

-ははははは(笑)。

ANCHANG:最初はイラッとしたけど、そういう出来事を溜めていったら、そのまま歌詞になりました。そんなノリですね。

-「German Power」は歌詞と曲調が面白いですね。

ANCHANG:それはジャーマン・メタルが好きだから作ったんですよ。

-でもリフはMETALLICAの「Battery」っぽいですよね?

ANCHANG:そうですね。だから、ちょっと捻くれてたんでしょうね。ジャーマン系のバンドが好きでこの曲名にしたけど、そのままでもあれだから、ちょっと変えてみようと。友達とゲラゲラ笑いながら作りました。

-そのころに聴いていたジャーマン・メタルは?

ANCHANG:HELLOWEEN、GAMMA RAY、ACCEPTとか。

-BLIND GUARDIANとかも?

ANCHANG:BLIND GUARDIANもめちゃくちゃ聴いてました。ハードだけど、突然明るくなったりして。ACCEPTの「Fast As A Shark」とかもそうでしたからね。そういう曲調がすごく好きだったんですよ。

-「German Power」はシンセを入れてますよね?

ANCHANG:作ってみたらシンプルすぎたので、METALLICAの『S&M』みたいな雰囲気を足したくて。これでいいじゃんって。

SHINGO☆:「みかんのうた」と「German Power」はライヴでも99パーセントの確率でやる曲なんですけど、「みかんのうた」は難しかったですね。染みついているから、こだわりが出たんだと思います。