MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

DEXCORE

2018.11.14UPDATE

2018年11月号掲載

DEXCORE

メンバー:架神−kagami−(Vo) haku(Gt) 澄−to−ru−(Ba) 直樹−naoki−(Dr)

インタビュアー:山本 真由

-また、「HEY!! Cockroaches.」はニューメタル/インダストリアル的なダンサブルなパートもあって、個性的なノリになってますね。この曲のアイディアはどんなところから?

架神:アイディアというか......しいて言えば、たぶんSLIPKNOTの影響なんですけど、この曲で取り入れてるような四つ打ちのイントロが結構好きなので、まずはそこから広げていきました。歌詞も曲調に合ってて攻め攻めで、途中のサビで"誰もお前に歌ってねぇ...笑"っていう部分があって、曲とかについていちいちああだこうだ批評する人がいますけど、そういうお前らに向けては歌ってねぇっていう内容で。歌っててめっちゃ気持ちいいです(笑)。

haku:このイントロの独特のリズムが個人的にツボで、休符がちょいちょい現れるんですけど、その休符感がだいぶ気持ちいいですね。あと、イントロの一番頭のギターがうっすらごにょごにょしてる部分なんかは、下水道を思わせるような薄汚さと"出てくる感"(笑)がものすごくいいんですよ。

澄:この曲はもう"ライヴ映えしそう"のひと言に尽きます。

直樹:まさに。初めて聴いたときから、めっちゃ盛り上がってる光景が浮かんできて、早くライヴでやりたくてウズウズしてますね。ただ、この曲はブレイクダウンが激ムズで(笑)、バスドラの右足と左足がずっと続いてて、それ自体は余裕なんですけど、右と左が出たり引っ込んだりのバランスが......うまく伝えられないんですけど、なかなかやっちゃってまして(笑)。

澄:このブレイクダウンは速いし、ドラムのキックの数が多くて、僕もユニゾンして弾くのが大変でしたね。リリースのたびに刻む速度が上がってきてるように感じるので、本気で右腕の筋肉を鍛えないといけないかなって危機感があります(笑)。

-そして、通常盤に収録されている「Naked」は疾走感とポップさもあって、こちらもライヴで盛り上がりそうなナンバーですね。

直樹:僕はこの曲が特に大好きで。激しいイントロも、Aメロからは想像もできないきれいなサビも、歌詞の世界観も、全部がツボなんです。

架神:歌詞は「Brain Washing」、「HEY!! Cockroaches.」では皮肉たっぷりに歌ってきておいて、"でも昔の自分も実はそうだったんだよな"って思い出しながら"ありのままの自分をぶつけてみよう"っていうことを歌ってます。

haku:Aメロの重ためな感じから、Bメロへの一気に開ける感じの部分が急展開なので、ある意味ライヴを想像できないんですけど、そこがこの曲のポイントじゃないかと思うので、その落差とか世界観を味わってほしいですね。ただ正直なところ、この曲は、ノリまくってほしいっていう気持ちと、じっくり聴いてほしいっていう両方の気持ちがあります。どちらにしても絶対楽しいだろうっていう自信しか生まれないんですけど。

澄:それは言えてる。

haku:恒例の激しいポイントはあるので、そこはノリまくってほしいですね。

澄:個人的にはAメロの縦ノリなところがツボで、"ステージもフロアもどうなるのかな?"って楽しみです。

架神:そのAメロの掛け合い部分があるんですけど、それもライヴでどうなるかすごく楽しみで。絶対楽しいから、恥ずかしがらずにどんどん声を出してきてほしいですね。

澄:あと、2サビ終わりに静かになるところがあって、最初ベースを入れたらおいしいポイントになるかなって思ったんですけど、ない方がメロの切なさを引き立たせられるとわかったので、ベースを入れていないっていうのがポイントです(笑)。

-この曲は、シングル・カットされてもおかしくないくらい存在感のある壮大な楽曲ですが、あえて通常盤のみのカップリング曲にした理由は?

架神:曲を選ぶときに、最初僕は"これを表題曲にしたい!"って言った記憶がありますが(笑)、「Naked」をカップリング収録にした理由は単純で、「Brain Washing」がヤバかったからです。

-今回のシングル制作にあたって、この3曲以外にも作られた楽曲はあったのでしょうか?

架神:何曲かありましたね。しかも今までは、ストック曲の中から選曲してシングル曲を決めてたんですけど、今回は初めて期限を決めて曲を作るという方法をとって、選曲になかなか納得いかなくて困ってる最中に、「Brain Washing」が降りてきてくれました。

-シャウトやグロウルのパートと、クリーンの歌メロが入り乱れるパートなど、歌うのも大変そうですが、歌詞の構成も難しそうだなと感じます。ヴォーカルのパートを作ったり、詞を作ったりする際に大切にしているポイントなどあれば教えてください。

架神:曲を作ってる時点では特に意識してなくて、やりたいようにやってます。だから逆に実際に歌ってみて、"どこでブレスするんだろう?"って大変さに気づく感じですね(笑)。今回、ヘイトをたっぷりぶち撒けてますが、3曲ともこれまで以上に歌に感情を乗せて歌えたなって思っていて、より自信作になってます。

-今作のスポット映像がすでに公開されていますが、美メロが際立つ神秘的な森の中の演奏シーンから始まり、最後はダークサイドに落ちたかのような下水道ヴォイスで暗転して、"洗脳された言葉 其処からは何も生まれない"という不穏なメッセージという......。なんとも意味深な内容ですね。

架神:意味深ってほどでもないですけど、"そこからどうなったらそうなるの!?"って思ってもらえれば狙いどおりです。焦らすの大好きなんで(笑)。リリースされるころにはフルMVが公開されてるんじゃないかと思うので、早くたくさんの人に観てもらいたいです。