MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

DEXCORE

2018.06.20UPDATE

2018年06月号掲載

DEXCORE

メンバー:架神−kagami−(Vo) haku(Gt) 澄−to−ru−(Ba) 直樹−naoki−(Dr)

インタビュアー:KAORU

-6月27日に3rdシングル『NEW ERA』がリリースされます。この作品の(通常盤の)ジャケットのアートワークは、たくさんのCDがバキバキに割れているというものですが、この意図について教えてください。

架神:"NEW ERA"というのは言葉のとおり"新時代"ということなんですけど......ただ新しい時代ということではなくて、こう言ってしまうと失礼かもしれないですけど、今まで誰かが作ってきた歴史を全部ぶっ壊して俺たちが新しい時代を作るんだ、という想いを込めて作った曲なんです。それをどういう表現にすれば伝わるのかな? と考えて、そこでCDだなと。

-CDが割れているジャケットのCDを売るというのは、なかなか面白い試みですね(笑)。

架神:たしかに(笑)。

-今は欧米ではストリーミングによって音楽市場がV字回復していて、不況だと言ってるのは日本だけという状況ですよね......V系はCDを購入する人も多いですが。少なからずそういう背景も汲んだような意図もありましたか?

架神:うーん、特に意識はしてないですけど、頭の中にはありますね。まぁでもあまりそこまでは考えてなくて、シンプルに、"過去にみんなが作ってきた音楽を二度と思い出せないくらいの音楽を自分らが作りますよ"っていうことなんですよね。

-なるほど。ここからは楽曲について訊いていきたいんですけど、リリック・ビデオが公開されている「BLACK PIG」(2018年4月リリースの配信限定シングル)を最初に聴いていたので、デスコアに振り切った感じなのかな? と思っていたら、歌メロがとてもきれいだったので驚きました。歌メロだけで言えば、ポップ・ソングとして成立するんじゃないかな? とさえ思いました。

架神:嬉しいですね。メロディにはとてもこだわっているので。ポップだけじゃなくてどんなアレンジでも成立すると思います。

-ちなみにどんなときに作曲されたのでしょうか?

架神:普段から曲を作ろうと思って作ることがなくて、突然ひらめくんですけど、「NEW ERA」だったら、サビの1行目がパっと浮かんできて、それをすぐにヴォイス・レコーダーに吹き込んで、そこから自然と広がっていった感じですね。サビで使っているコードは、ほぼエモくなるコードなんですけど、絶対にこれは合うなと思って作っていったら、実際めちゃくちゃかっこ良くなっちゃいました(笑)。

-曲が降りてくるときというのは、本当に突然なんですか?

架神:本当に突然なんですよ。だから気が抜けない(笑)。イントロの"ドゥルルルル! ドゥルルルル!"っていうドラムの部分があるんですけど、あれは、高速道路を走ってると、眠気覚ましのちょっとした段差みたいなものがあるんですね。それが"ドゥルルルル! ドゥルルルル!"っていう音で。"あ、これだ!"って思ったんです(笑)。

-なんと。ある意味サンプリングの発想に近いですね(笑)。

架神:そうなんですよ(笑)。

-原曲を聴いて、直樹さんはどんなイメージを持ちましたか?

直樹:まず"イントロのバスドラがめちゃくちゃ速いな"っていうのと(笑)、"サビでこんなに突き抜けるか!"っていうのが第一印象でした。

haku:サビを聴いた瞬間に夕陽が見えましたね。

架神:エモいな(笑)。

澄:僕も最初にサビを聴いて、すごく洋楽っぽい曲だなとは思ったんですけど、デモの段階ではストリングスが入ってなかったんですよ。それがあとから追加で入ってきて、すごく壮大でいい曲になったなと思います。

架神:だね。3曲を通して多面性があって、DEXCOREらしい、メロがポップなシングルになっていると思います。

-そう言えば、事前にいただいた資料では曲の展開の記載部分に"サビ"に続いて"ごにょごにょ"と記述されているセクションがあったのでびっくりしました(笑)。

架神:あぁ、そこは"ごにょごにょ"言ってるので(笑)。このセクションをどう区別しよう? と思って、そのまま"ごにょごにょ"にしました(笑)。