MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

アシュラシンドローム

2018.04.03UPDATE

2018年04月号掲載

アシュラシンドローム

メンバー:青木 亞一人(Vo) NAGA(Gt) NAOKIX(Ba) 大津 一真(Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

-そうですね。「Starlight Blues」のような沁みる曲もありますし。

NAGA:この曲はデモ音源でリリースしていて、ライヴでは結構やってるんですけど、ちゃんとこの4人で録りたいなと思って。結構いい感じで録れたので、アルバムに入れました。サビ終わりにサビをなぞるギター・ソロが入るのとか、気持ちいいですよね。

-そうですね。間奏の長さにメタル・リスペクト感があって。

NAGA:そうなんですよ、メタルできてないんです!

カズマ:ちょうどいい塩加減レベルのメタルがね(笑)。

-「THE FIGHTING ROAD」と「DxSxTxM」は作曲がバンド名義です。ダンス・ミュージック的要素のある「DxSxTxM」は、まずタイトルがなんの略なのかが気になったのですが。

青木:"Don't Stop The Music"です。これね......俺は自信を持ってバシーン! と出したんですけど、みんなから"ダサい!"と言われちゃいまして。このまえ赤飯(オメでたい頭でなにより/Vo)にも同じ質問をされたので答えたんですけど、そういえばあいつ、その瞬間ちょっと凍ってました。

NAGA:「DxSxTxM」はまずNAOKIXがフレーズを持ってきて。それが"いいね!"ってことになったんだけど、やってるうちに全然別モノに仕上がったんですよ。

NAOKIX:なんとなく作ったデモをみんなに渡して、スタジオでみんなでわちゃわちゃと作っていって。比較的すぐできたよね。

NAGA:そこまで作り込んだわけではなくて、ひとつのアイディアから派生してメンバー全員のアイディアが入ってスムーズに完成して、それに亞一人が歌詞をつけて――俺の中では理想のできあがり方です。この曲、僕好きなんですよ。その名も"Don't Stop The Music"!

-(笑)メロディはかなりTM NETWORK系だなと。

青木:ありがとうございます! 小室(哲哉)師匠が引退をしてしまったので、それを継承するべく今後はもっとこういう感じをバチバチに出していきたいんですよ。

-このメロディがあれば、どれだけオケでバキバキのメタルをやってもいい塩梅に落ち着きますね(笑)。

NAGA:もうね、塩梅! "塩梅ロック"と言っていきましょう(笑)!

カズマ:でも、何事においてもやりすぎは止めようと思っています(笑)。

青木:でも小室師匠の意志を受け継ぐとしたら、アシュラシンドロームがシンセの音を入れる日も近いですよ。僕はショルダー・キーボードを持ちたいんです! 持ちたくて持ちたくて! ヘッドセット・マイクもつけたいんです!

カズマ:俺、この時代にショルキー(ショルダー・キーボード)持ってヘッドセット・マイクつけてる奴が出てるライヴ観に......行くわ(笑)!

NAGA:亞一人君ずっと前からシンセを入れたいと言ってるんですよ。たしかにシンセが入るとやれることは広がるよね。入れないけど。

青木:そうだよ。シンセサイザーは素晴らしい楽器なんだよ! 入れろよ!

-アシュラシンドロームの可能性は広がっているということですね。

青木:そうですね。まだまだ! シンセが入れば。

NAGA:まだまだ広げます。だからシンセ入れないけど(笑)、"塩梅"の究極まで行きます! これまでジャンルを聞かれると困ることが多かったんですよ。そういうとき"俺たちはシャンソンではないです"という答え方にしようか......と話してたんですけど、本日をもっていろんなジャンルをええ塩梅に落ち着かせる"塩梅ロック"と言っていきます(笑)!

カズマ:たしかに"シャンソンではない"というよりは、"何かである"と言いたいですもんね(笑)。あんまりスパイスも強くなく......。

NAGA:ちょ~どええ塩梅のところいくんですよ(笑)! ぬるすぎず、熱すぎず。さっと入って"あー、あったかい"と気持ち良く浸かれる湯船みたいなね。お客さんもそういう感じでね、全然怖がらなくていいですから。亞一人君はめちゃくちゃ根が優しい男だし、ライヴにどんどん来てほしいですね。ほんといい塩梅!

カズマ:俺も子供大好きだし。どんな年齢の方が来てくださってもOKです!

NAGA:今回のアルバムで初の冠ツアー(4月から開催する"俺売れツアー ~全部お前たちのせいだ。~")を回るんです。今まで人のツアーに呼んでもらうというおんぶに抱っこ状態で活動してきたので、今回は自分で責任を持って(ライヴ・スケジュールを)組んでいって、大変だなということを実感しておりますけれども......まずは今まで回ったことがある土地に行くことにしました。そんなに多い本数ではないし、頑張ってみようと思います。あんまりやりすぎず、ね。いい塩梅で回りましょう。運転にも気をつけて、ちょうどいい速度で回ろうね(笑)!