MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Paledusk

2018.03.12UPDATE

2018年03月号掲載

Paledusk

メンバー:Kaito(Vo) Daisuke(Gt) 283(Gt) John(Ba) Seiya(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-前作よりも音はヘヴィになってませんか?

Daisuke:重心はさらに低くなってますね。単純に自分はヘヴィで攻撃的な音が好きだから。

-「Blue Rose」はブリブリですもんね。

Kaito:「Blue Rose」と「Lights」はまったくタイプの違う曲だけど、同じバンドの曲と言われても納得してもらえるかなと思います。

Daisuke:ライヴのセットリストを組むときも、「Lights」のような曲がないとお客さんも疲れちゃうだろうからね。

283:ただ、前作と比べると、男って感じのゴツさが出てると思います。それもDaisukeが作る曲にフィットしてますからね。

Daisuke:自分はそういうサウンドが好きだし、Paleduskはそうしたいと思っていましたからね(笑)。

Kaito:みんなの好きなバンドは90パーセントぐらい共通してるから、何か案を持ってきてもOK! って感じになるんですよ。

-以前はNORTHLANEの影響が大きいと言ってましたけど、今はどうですか?

Kaito:WHILE SHE SLEEPSとか。

Daisuke:個人的にはBEARTOOTHが好きですね。

Kaito:VOLUMESとか音楽性の幅も広いし、THE PLOT IN YOUもすげぇなと思ったから、今回制作するうえで参考にしました。ありえないくらい落とす曲もあれば、クリーンな曲もありますからね。

-今作の「Free」はヘヴィさがあり、浮遊感のあるパートもあり、リードでは哀愁のギター・フレーズが飛び出して、とても新鮮でした。

Daisuke:その曲は2日で作りました。手を抜いたわけじゃなく、ポンポンと頭に思い浮かんで。いままでにない個性を出そうと思った曲です。

Kaito:これまでのPaleduskにない曲調ですね。好き嫌いは誰でもあるだろうから、賛否両論も覚悟しています。

-すごくいい曲だし、作品トータルの完成度も高まったなと思いました。

Kaito:いい意味で聴き流しやすさも意識しました。覚悟して聴くというより、駅に行くまでにシャッフルして聴き流せるものがいいなって。

-では、今年はどんな1年にしようと思ってます?

Kaito:デカいステージに立ちまくりたいですね。そこは、みんなが思ってることは一緒だと思うんですよ。半端ねぇステージに立ちまくりたいです。

Seiya:野外フェスなんですけど、"WILD BUNCH FEST."に出たいですね。地元が山口県で、以前まではそんな大きなフェスはなかったので。いつか出たいですね。

Kaito:以前"出たいフェスは?"と聞かれたとき、俺は"TRIANGLE"と言ったんですけど、昨年本当に出れたんですよ! これはすごいことですよね! だからというわけではないですけど、メンバーの中でもそれは本当に大きな思い出になってますので、今年も絶対に"TRIANGLE"に出たいです。成長した姿をあの場でもう一度披露したいです。