MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

魔法少女になり隊

2017.09.21UPDATE

2017年09月号掲載

魔法少女になり隊

メンバー:火寺 バジル(Vo) gari(VJ/Vo) ウイ・ビトン(Gt) 明治(Gt/Vo)

インタビュアー:荒金 良介

-ライヴでもすっごく映える曲ですよね。

明治:初めて披露したときから、すごく盛り上がってくれたから。

-曲名もなんだかすごくて(笑)。

gari:それは"ロックマン"リスペクトです。ドット絵でヴィジュアル・イメージを作っているけど、今回はSFだよねという話になって。それなら"ロックマン"の要素を入れようと。"ロックバスター"という武器と、"ロックマンX"というタイトルがあるんですけど、それを掛け合わせました。

バジル:それは明治さんが案を出したんですよ。

gari:"ロックバスター"と言ったら、"ぶっとバスター"と返ってきたんで、ビックリしました。

明治:そのときのことを全然覚えてない(笑)。

バジル:歌詞の中で"ぶっ飛ばせ!"という言葉もあるからね。

-あと、「願い星」も個人的に好きな曲で。

バジル:私も好きな曲ですね。

-すごくシンプルですよね。

ウイ:この曲は正統派というか。ほかの曲と比べても、僕の好きなメタル、メロコアだったりがシンプルに伝わるかなと。

-えぇ、それがまた良かったです。

ウイ:こういうストレートなこともできるぜって。

バジル:「願い星」のシャウトの英語詞が好きです。ちゃんとメッセージ性があるもんね。

gari:うん、ちゃんと書いたからね(笑)。曲の展開がストレートだから、ひねくれずに伝えた方がかっこいいかなと。

バジル:ぜひ歌詞カードを読みながら、和訳してほしいですね。特に最後の日本語の間に挟まってるシャウトが好きです。

-"Your will never find a star"ですね。

バジル:はい。下を見ていたら、星は見つからないよって。これはグッときますね。gari君が何を歌ってるのかなと思いながら聴いてほしいです。日本語と英語で掛け合いをやってるのも新しいですからね。

-暴れたくなる曲調だけど、メッセージは深いという。

ウイ:そうなんですよ。曲を聴き終えたあとに、不思議な気持ちになると思います。ライヴでは暴れてくれると思うけど、終わったあとにジーンときてくれるはず(笑)。

バジル:みんなで両手を上げて、歌ってほしいですね。

-「願い星」で歌っていることは作品全体にも通じますよね。

明治:それは常にテーマとしてあります。

gari:うん、魔法少女になり隊のバンドのテーマがそうだしね。

バジル:いくつになっても夢を見てほしいと思うから。諦めたり、できないと口にしないで、どんなに不可能なことでもやり続けて、"いつかきっと......"という心を持ってほしいですね。だから、意外とエモいバンドなんですよ。自分たちで言うのもヘンだけど(笑)。自分がまだ勇者だと気づいてない人も楽しめる作品だし、初めての全国ツアーもそういうものにしたいです。

gari:ツアーで勇者だと気づいてない人に気づかせる意図もありますからね。