MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

魔法少女になり隊

2017.09.21UPDATE

2017年09月号掲載

魔法少女になり隊

メンバー:火寺 バジル(Vo) gari(VJ/Vo) ウイ・ビトン(Gt) 明治(Gt/Vo)

インタビュアー:荒金 良介

-(笑)今回新たにやってみたかったことは?

ウイ:わかりやすいところだと、「ヒトリ サク ラジオ」ですね。

明治:私が歌わせていただいているんですけど。

バジル:明治さんが作詞作曲を何割かして、歌唱もね。それは大きな挑戦です。

-「ヒトリ サク ラジオ」は今作の流れの中でもいいフックになってます。以前から明治さんは歌いたい気持ちがあった?

明治:そうですね。アルバムを出すタイミングでやれたらいいなと思って。イチから話すと、最初は、あだるとゆうくん(※"魔法少女になり隊"というRPGの開発者)経由で別の人が作ったデモをいただいて歌ってみたんですけど。みんなに聴かせたらせっかくだから自分で書いた曲を歌えばと言われたんです。制作ギリギリのタイミングだったんですけど、やってみようかなと。

バジル:すっごくいい曲ですよね。

明治:自分で曲を最初から最後まで作ることが初めてだったから、ウイさんにもいろいろ相談して作りました。

-曲を書きたい気持ちもあったんですか?

明治:常々ありましたね。

ウイ:最後まで作ることが難しかったんだよね。じゃあ、俺が手伝うよって。

明治:歌詞はゼロから書くと偏るかなと思って、あだるとゆうくんにお願いして、それに自分の言葉を足して作りました。曲を作る人は改めてすごいなと思ったし、すごく勉強になりましたね。今後もやっていきたいです。

-作曲者がひとり増えるのは、バンドにとっても大きな武器ですよね。このバンドはコンセプトがカチッと固まっているようで、実はタブーがないのかもしれない。

gari:そうですね。枠組み自体が広いから、新たな側面も見せることができるのかなと。で、「ヒトリ サク ラジオ」の次の曲でそれをぶっ壊すんですけどね。

-「Call me From Hell」はかなり激しい曲ですね。

gari:初期にSEで使っていた曲なんですよ。この曲名で、歌詞では"Go To Hell"と言ってますからね。意味がわからないなと(笑)。どっち? みたいな。

-当時の初期衝動が炸裂してる?

gari:そうっすね(笑)。

ウイ:それがちゃんとスパイスになってるからね。

バジル:しかも「first star」、「ヒトリ サク ラジオ」、「Call me From Hell」の3曲の流れはヴォーカルが全員違いますからね。通して聴いて、あれ? と驚くと思う。

-あと、「ハッピーエンドの魔法」もスクリームなしで、こういう曲調も珍しいんじゃないですか? すごくいい曲だなと。

gari:そうですね。メジャーになってから、そういう曲は全然作ってなかったから。「first star」は昔に作った曲なんですけど。

バジル:「ハッピーエンドの魔法」、めっちゃいい曲ですよね。作詞させてもらったんですけど、自分の中にテーマがあって。自分がもし好きなアイドルに歌ってもらうなら、こういう歌詞ならグッと来るなぁと思って書きました。だから、いつもと違うテイストになってます。自分以外の誰かを想定して歌詞を書くのは初めてだったから。そこも注目してほしいなと。

明治:あえてこの歌詞なんだよね(笑)。

-乙女感が炸裂してますもんね、この歌詞は。

ウイ:かわいらしい歌詞が曲調ともマッチしてますからね。

バジル:この曲めっちゃエモいですよね?

ウイ:ほかの曲とは違うエモさがあるもんね。

-メロディはスウィートですね。

バジル:哀愁はあるけど、カラ元気みたいな。女の子が主人公で、ストレートな気持ちと、ちょっとしまっておきたい気持ちを表現しました。