MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

アシュラシンドローム

2017.05.03UPDATE

2017年05月号掲載

アシュラシンドローム

メンバー:青木 亞一人(Vo) NAGA(Gt) カズマ(Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

-「行け!ポチ。」や「絶対彼氏以上」はNAGAさんのリフから曲が始まっていったんですよね。NAGAさんがリフを作るときはどういうイメージで?

NAGA:最初はエゴっぽいフレーズやルーツ寄りのフレーズが多かったんですけど、この1~2年でなんとなく"あ、これアシュラっぽいな"と思うものに寄せてるところはあるかもしれない。俺が加入してから、なんとなくできあがっていくものがあったんです。そのなんとなくできあがってきたものに対して、なんとなく"あ、こういうことだろうな"とわかるようになってきて、あんまり自分が通ってこなかった(音楽性の)フレーズが出てくるようになりました。アシュラシンドロームというものを構築していこうと思って。これというジャンル......という話になると難しいんですけど。

-そうですね。「絶対彼氏以上」とか、曲の展開がものすごい。イントロのジプシー感からAメロでスカ、間奏のギターは昭和歌謡っぽくて今度はメロコアっぽくなったかと思いきや、ラストはTHE YELLOW MONKEYみたいに......。

青木:それはもう僕の良さ全開ですね。好きなものを全部煮込んで全部出したい! やりたいことは詰め込む!

NAGA:つい足しちゃうんだよね~(笑)。

カズマ:改めて聴くとものすごい曲ですよね(笑)。たしかイントロからAメロまでのフレーズをNAGAさんが持ってきて、サビを亞一人さんに任せたんですよ。そしたら思ってもみなかったほどにポップで聴きやすいサビを持ってきて。じゃあこれで進行しよう......というふうにパーツごとに集まった結果ですね。

NAGA:やっぱり曲のサビを作るのは亞一人なんですよ。亞一人はメロディを大事にしたいと思っているから。

青木:僕はそれを失うとただのクズで終わってしまう......。メロディ・ラインはすごく自信を持って作っていますね。歌詞に関してはもうフィーリング!

-歌詞は"涙"という言葉が多いなとも思いましたが。

青木:それはもう僕の頭の悪さじゃないですか? 言葉を知らなすぎる奴が書くとこうなるというか。

NAGA:でもここ最近は亞一人君大変だったからね。歌詞にもそういうものが出たんじゃないかな?

カズマ:泣きたかったんだね(笑)。

青木:いや~、泣きたかった!

-脱ニートという新しいスタートも切って、とんでもないタイトルの新譜もリリースして、6月9日には渋谷WWWでワンマン・ライヴもあって。盛りだくさんの1年になりそうです。

NAGA:去年いろんな出会いがあって、大先輩という立場の方々にもちょっと知ってもらえたので、今年はちょっと動きを見せたいなと思って。このタイトルのCDはコケるのが一番面白いと思うので、コケ方も見ておいてほしいですね(笑)。

カズマ:的を絞らないフルスイング見とけや! って感じですね(笑)。

NAGA:これは"次回予告"なので。年内に"俺たちが売れたのは、全部お前たちのせいだ。"という作品をリリースするので、そのときの具合を見ておいてほしいですね。でも渋谷WWWはアシュラシンドローム最大規模のワンマンなので、これはコケられない。今年から、何に対してもぎりぎり手の届かないところをいっぱい攻めて、ちょっとずつ背伸びをしていきたいと思っていて。それを来年に続けていきたいですね。