MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

アシュラシンドローム

2017.05.03UPDATE

2017年05月号掲載

アシュラシンドローム

メンバー:青木 亞一人(Vo) NAGA(Gt) カズマ(Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

-ははは。今回リリースの『次回予告 俺たちが売れたのは、全部お前たちのせいだ。』はお父様の作詞はなしということで。

青木:そうですね。今回は温存期間です(笑)。歌詞の原本は僕が書いて、それをみんなでいじっていって。

NAGA:だからバンド作品ですね。普通ですよね。ここにきてやっと普通の作品が出せるんです(笑)。

-オフィシャル・サイトのプロフィールにあるとおり、アシュラシンドロームの音楽性は"メロディをしっかり聴かせたうえでのパンク、ロックンロール、ラウド、日本歌謡的なアプローチを織り交ぜている"と思うのですが、なぜここに辿り着いたのでしょう?

NAGA:おっと亞一人君、音楽の話がきたぞ?

青木:親父の話だけ延々してればいいかと思っていたら......(笑)! 音楽に関してはあまり深く考えないで、とにかく自分の好きなものを出すような感じにしていて......。

NAGA:亞一人君、浅さが明るみになっているけど大丈夫かい? 水が足首までも達してないよ(笑)! 浅いな~!

-このままだと青ばんを売るためにバンドをやっている人たちみたいな誤認識が生まれる可能性も出てきそうですが大丈夫でしょうか(笑)。

青木:それは大変なことになってしまう!

NAGA:あ、亞一人君はそういうつもりじゃなかったんだね!!

一同:あははは(笑)!

青木:いいものはいい、好きなものは好きという考え方だから......ジャンルにこだわるつもりがもともと最初からなくて。だから今回のアルバムもいままで出した曲たちも、まず僕が作って、それをバンドに持っていってみんなで肉づけをしていくんですけど、いろんなものがふんだんに取り入れられたものになっていると思います。特に今回は『親父越え』シリーズとは違った側面を出したくて、いろんな引き出しを開けて"こういうこともできるんだよ?"というのを見せつける、さらにかっこいい作品にもなりました。

カズマ:亞一人さんの持ってきたものを膨らませるだけでなくて、「絶対彼氏以上」(Track.2)や「行け!ポチ。」(Track.3)みたいに、曲によってはNAGAさんのギター・リフ発信のものもありますね。

NAGA:もともとの音楽の好みが亞一人と俺でちょっと被ってるところがあって。彼はTM NETWORKが大好きで、僕はちょうどその世代だったので"あ、これいいね"と思える共通項がいくつかある。だから"こういうメロディとかコード進行好きだよね、俺たち"みたいに、曲作りで話が早くまとまることは多いよね。タイトルも結構すぐ決まるし。

青木:そうですね。「TM NEET WORK」(Track.1)とかはふざけているようで、実は"明日(TM=TOMORROW)ニート(NEET)が働く(WORK)"という非常に意味合いがしっかりしている、僕にはぴったりのタイトルなので。

カズマ:この前まで亞一人さんニートだったので(笑)。

-あら、そうだったんですか。

NAGA:この前というかず~っとニートで。ニートがすぎてこれはひどいな! と。彼の誕生日イベントを4月15日に毎年やっているんですけど、ニートと呼べるのは日本では34歳までで、35歳以降はニートと呼べなくなるらしいんです。とうとう亞一人君が35歳になってしまう......ニートですらなくなってしまう寸前で、働き始めたんです。

カズマ:Twitterでもバイト先公開しちゃってるんですけど(笑)。

NAGA:そのバイト先に"どうにか雇っていただけないでしょうか......!"と斡旋したのも僕なんですけどね(笑)。決まるまでの1ヶ月ひどかったね~。家も失ってましたからね。

カズマ:亞一人さんは誕生日で"住所不定無職"になっている可能性があったので、これはまずい! さすがに働け! と。

青木:ちょっと待ってください、ただただニートだったわけではなく、ちょっといろいろあったんですよ? いまはちゃんと家もありますし、ちゃんとお弁当屋さんでお弁当のラベルも貼ってますから! そんな僕が作詞をしたのがこの「TM NEET WORK」ですね。

カズマ:"働けよ、頑張れよ!"という気持ちを込めて演奏しています(笑)。亞一人さんも盛大にフラグ回収できてよかったね(笑)。

NAGA:青木君の"俺、頑張るわ!"という歌だよね。やっと普通になれた! という1曲目。

青木:世間のニートに向けた応援歌になっています。

-サビメロがTM NETWORKっぽいなと。

NAGA:そうなんですよね~。このサビいいですよね(笑)。

青木:僕がTM NETWORKに興味を持ったのが、解散してしまった1年後だったんですよ。だから僕は彼らの幻影ばかり追い続けて、過去の音とライヴ映像を観ながら復活を待ち望んでいたんですよね。だから本当に愛してやまずで。そんな大好きなアーティストの名前を、自分の転機を書いた曲で使えて嬉しいです。