MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SALTY DOG

2016.11.09UPDATE

2016年11月号掲載

SALTY DOG

Member:INGER(Vo) KENT(Gt/Prog) TOMOYA(Ba/Scream) NEMESAN(Dr)

Interviewer:荒金 良介

-意見が真っ二つに分かれたんですね。

TOMOYA:この作品を聴いた人も、たぶん半々に分かれると思います。あと、洋楽シーンにも食い込める1枚に仕上がったなと。今までは英語で和メロを歌ったものが多かったけど、メロディを洋楽に寄せることで、INGERらしさが出てるから。洋楽なのか、邦楽なのかわからないみたいな、面白い作品になったと思いますね。

INGER:今回は自分にとって新しい歌い方にもトライしているので、進歩したと思います。プロデューサーに引き出された感じはありますね。それは私の声だけじゃなく、バンドの演奏もそうだと思うんですよ。今までやってきたことをまとめて、新しいものを生み出せたなと。

-今作の全体像については話し合ったんですか?

TOMOYA:前作はテーマ(※北欧神話とゲーム音楽)があったけど、今回はいい曲を選ぶことに専念しました。活動休止したことが大きくて、闘うことや、誰かに対する感謝とかが歌詞に出てると思います。

-活動休止はバンドに何をもたらしました?

TOMOYA:僕らが休んでいる間に、誰かがそのイスに座るかもしれない。僕らも人生を賭けてバンドをやっているから、そういう意味でも闘わなきゃいけないなと。「Chase New Days」(Track.5)は去年のレッドブルの決勝のために制作した曲なんですよ。今回のアルバムに入れたことで、いいアクセントになったなと。

-「Chase New Days」の歌詞は他とは少しテイストが違いますね。

INGER:ポジティヴな気持ちが強いですね。あと、「The Fateless」もそうかな。

-「The Fateless」は"自分を信じて"という歌詞で、「Chase New Days」は"背中を翼に交換しにいこう"、"天の川で"(日本語訳)などロマンチックな歌詞が目を引きます。

TOMOYA:ちょっと神話っぽいですよね(笑)。

INGER:正直、レッドブル用に作っていたから"翼"という言葉を使いたかったのもあって。歌詞は宇宙的なスケール感がありますね。

-活動休止期間があったからこそ、さらに羽ばたこうと。

TOMOYA:やるからにはあとに引けない。売れるということに関しても、僕らの音楽が多くの人に届くということだから、それも嬉しいですね。

-今作は曲調のバリエーションの豊かさに驚かされますが、イントロも全曲変えてますよね?

TOMOYA:それはruiさんの意向で、曲調に1曲も被りがないようにしようと。イントロ、アウトロ、キメとか、ちょっとでも似ていたら変える。その差別化は徹底しました。「Eternity」は壮大な曲だし、スウィープとかピロピロ系のギターで、KENTの本領が発揮されてます。この曲は緩急があるし、ドラマチックに感情を煽る技法もたくさん使ってるんですよ。

INGER:この曲はいつもより優しい歌い方を心掛けました(笑)。歌詞はパーソナルなものなので、気持ちを込めて歌えましたね。最初はアイディアが出てこなくて、ずっと悩んでて。レコーディング時につらい出来事があって、ノルウェーにいる家族や友達がすごく応援してくれたんですよ。遠くにいるのに、こんなに愛されているんだなと。その経験を歌詞にしました。いろんな人に恋愛のことだと捉えられるけど、家族、友達に向けたものですね。

-唯一、この曲では歌詞に日本語を入れてますよね。"1人じゃないキミは"、"想いあの彼方へ届け"はそういう体験から出てきた言葉なんですね。

TOMOYA:最初は全部英語だったけど、日本語を入れたいと思って。INGERの気持ちを踏まえて、少ない日本語で言いたいことを伝えようと。

-うまくハマッてますね。そして、「The Fateless」は疾走感と爆発力があるロックな曲調です。

TOMOYA:みんなのいいところが出せたと思います。ドラムもすごくいいテイクが録れたから。

NEMESAN:ドラム・ソロみたいなパートもあるし、本気を出しました(笑)。

TOMOYA:INGERの歌のキーも高いし、彼女じゃないと歌えないオンリー・ワンな曲だと思います。ライヴでも絶対に盛り上がるんじゃないかな。

INGER:私もすごく好きな曲です(笑)。パワーがあるし、楽しい気持ちになるから。歌詞は"夢を叶えるために、自分で行動しなきゃいけない"という気持ちを歌ってます。私たちも去年夢が叶ったから、それをみんなに伝えたくて。