MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

The Winking Owl

2016.05.11UPDATE

2016年05月号掲載

The Winking Owl

メンバー:Luiza(Vo) Yoma(Gt) Ranmalu(Ba) KenT(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

-そうやって最初はイメージが掴みづらい曲も、作りながら"これはいいものになっていくぞ"という感じもあったんですね?

KenT:やっていくうちに、"あ、これはなんかいいんじゃない?"って。

Ranmalu:そう。新しいんじゃない?っていう。

KenT:レコーディングが進行すればするほど、どんどんクオリティが上がってカッコよくなっていきました。

-頭の中にあるものやデモになっているものを、実際にバンドでやってみることで、もともと想像していたものを超える瞬間があるんですね。

Yoma:そうですね。特にこの「Empty In The Crowd」はこういった形になるとは全然想像してなかったから、ruiさんの力も大きい曲ですね。

-では逆にTrack.3「Bloom」のような直球でThe Winking Owlらしい曲は、完成形が見えやすいんですか?

Yoma:「Bloom」はわりと完成形が見えていましたね。疾走感があるこの曲が今回のアルバムのリード曲なんです。デビュー・シングルのリード曲「Open Up My Heart」で僕らのことを初めて知ってくれた人も多いと思うので、それを気に入ってくれた人の期待を裏切らない曲が「Bloom」かなって(笑)。またこの曲をきっかけにアルバムを聴いて、他にもいろんな曲もあるんだっていうのを楽しんでもらえればいいかなと思っています。

-Ranmaluさんは、ベースでこだわった部分などありますか。

Ranmalu:「Bloom」や「This Is How We Riot」(Track.2)はわりとシンプルなんですけど、「Walk」のベース・ラインは、楽器をやっている人なら"後ろで面白いことやっているな"ってわかるかと。ドラムもそういうところが結構あるので、楽器やバンドをやっている人も楽しめるものになっていると思います。「Your World」(Track.11)も、マニアックなことをやってるので、ギターをやってる人だったらコピーしてみたくなるような曲じゃないかなと。

Yoma:「Your World」は、まさにアルバムだからこそできる曲っていう感じで。自分の趣味が一番反映されているかなとも思います(笑)。

Ranmalu:たしかにYoma節、Yomaっぽさは一番出てますね。

Yoma:普段は、The Winking Owlの曲として、Luizaが歌うということを考えて曲を作るんですけど。「Your World」はあまりそういうことは考えず、自然に作ってみた曲なんです。でもそれをLuizaが歌うことで、The Winking Owlの曲になるというのも面白いかなって。

-この「Your World」は全編英語詞ですね。これは、英語が合うんじゃないかということで?

Luiza:そうです。これは完全に洋楽だなと思ったので、迷わず英語詞にしました。

-英語詞と日本語詞の比重は、Luizaさんが曲から受けた印象で決めるんでしょうか。

Luiza:そうですね。私が考えて、みんなに"どうかな?"って意見を求めていって。"いいと思う"と言ってもらえたら、これは英語詞にしようとか、これは日本語詞にしようとかを決めていく感じですね。ただ今回は、「Your World」のような全編英語詞の曲もあるんですけど、1曲の中で英語と日本語が織り交ざっているものに関しては、なるべく日本語を多くしていこうとしていて。歌詞を読んでいても、歌の意味がわかるようにしようという意識は、最初からありました。英語詞でも、意味のないものになってしまうのはイヤだったので、そこは日本語で勝負しようという。

-伝わること、伝えることを意識したんですね。

Luiza:今回に関してはそうでした。前回のシングルでは、わりと好きにやったところがあったので。じゃあ、これを日本語でやるとどんなふうになるのかなって進めていったという意味では、今回はチャレンジしてますね。

-それは、ライヴを重ねていったことも影響しているんですか。

Luiza:少なからずありますね。やっぱり、言葉と歌とマインドは連なっているので、それが一緒じゃないと、ライヴのときも何を伝えたいんだろう?ってなってしまうし。あとは、お客さんも日本語の方がスッと入ってくると思うんです。英語の方が響きとしてはカッコいいかもしれないけれど、歌の意味がわかった方が、曲が耳に入ってくるのかなと思って、そこは意識しました。

-"よりストレートに伝わるものを"と意識している中で、音的には相当好きなことをやっている感じが今回もありますよね。それでいてキャッチーさは失っていない。その両方があるから、面白いものになっているなと思います。

Yoma:そうですね。そこは両立させたいなというのはあります。

-The Winking Owlにとっては、曲のフックとしてメロディの役割は大きいと思うんですが、Yomaさんの場合、このキャッチーなメロディはふと浮かんでくるものなんですか? それとも曲に合わせて構築していくタイプなんですか?

Yoma:どちらもありますね。何気ないときにふと浮かんでくることもあるので、そういうときはヴォイスメモに残しておいて、あとで形にします。家でギターを弾きながら作ってみたり。いつも同じ作り方だと似たような曲になってしまうので、そうやっていろんな方法は試していますね。だいたいサビから作ることが多いんですけど。