MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

The Winking Owl

2016.05.11UPDATE

2016年05月号掲載

The Winking Owl

メンバー:Luiza(Vo) Yoma(Gt) Ranmalu(Ba) KenT(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

-そしてアルバム最後の曲「Silver Linings」(Track.12)が、とてもドラマチックでいいですね。曲のエンディングがフェードアウトっていう形は、今は珍しいと思うんですが。これはアレンジしていく中でそういう形に?

Yoma:これはLuizaが作った曲なんです。この曲は、パッと終わらせるより、だんだんと流れてなくなっていく方が合いそうだなって思って。

Luiza:気づいたらそうなっていたからびっくりした(笑)。

Ranmalu:ちょっと悩みましたね。

Yoma:この曲を最後に入れると決めていたわけではなかったんですよ。

KenT:それが今思えば、アルバムの流れとしてもちゃんとハマっていて。

-Luizaさんらしい、弾き語りでも成立しそうな曲になっています。

Luiza:アレンジはYomaさんとプロデューサーのruiさんにお任せしてました。これは素晴らしいものになるだろうと、安心して勝手にお願いしたんです(笑)。

-"こういうイメージで"などは伝えてなかったんですか?

Luiza:もともとはこんなに壮大な曲ではなかったです。弾き語りで素朴な感じのイメージしかなかったから、まさかこんなに化けるとは!という。でもきっと、そうなるべくしてなった曲でもあると思いますね。私自身も、このアレンジにスッと入っていけたので。

Yoma:初めて聴いたときからこの曲はメロディがゆったりとしていて、素朴というよりは、壮大な感じで広がっていきそうなイメージがなんとなくあったので。結果的にこういうアレンジでよかったんじゃないかなって思うんです。

-まさに美しく壮大な曲もあれば、Track.6「Don't Kill My Melody」のようなラウドな曲もあって――

KenT:ドラムの一番の見せどころです。

-重厚感たっぷりですよね。でもどんなサウンドの曲も、メロディはすんなりと耳に馴染むものになっている。それがThe Winking Owlというバンドなのかなというのは、このアルバムでよりわかりましたね。今回、アレンジに関して難しかった曲はありますか。

Yoma:うーん、どうでしょうね。実は、リード曲の「Bloom」は作っているときそこまでイメージが湧かなかったんですけど。

-そうなんですか?

Yoma:何かを狙うわけでもなかったし、リード曲というのも考えてなかったんです。でもメロディを途中で直すなど、いろいろ改良していった結果、すごくキャッチーな曲になって。自分では最初、"そんなに......"って感じだったんですけど(笑)。こうやって化けることもあるんだなって思いました。

Ranmalu:どの曲も、ギター1本やピアノの弾き語りでやったとしても映えると思うんです。普遍性が全曲あるなと思っていて。それは以前からThe Winking Owlの強みでもあるんです。アコースティック形態でのライヴもやっていたので、今回も曲の持つ強さを大事にしていて。それが前作よりも増しているのは感じますね。

Yoma:たしかに、一度聴いたら忘れられないようなメロディにしたいとは思っています。

-1stフル・アルバムを"BLOOMING"というタイトルにしたのは、どんな思いがあったんですか。

Luiza:The Winking Owlはバンドとしてまだ模索段階で進化の途中だと思うんです。たくさんのいいバンドや大先輩たちとライヴをさせてもらったり、大きなステージでライヴをさせてもらったり、どんどん突き進んではいるんだけれど、どういうバンドかというのはまだわからないなって、漠然と思っていたんです。だから進化してる途中という意味合いの言葉を探していて、"Evolution"がいいかなと思ったんですけど、それだとちょっとありきたりだし、かっこよすぎるかな?と。その言葉に、おそれおおくなっちゃって(笑)。まだ全然イケてないのに、っていう。

-いや、そこまで思わなくても(笑)。

KenT:言葉に負けちゃうからね(笑)。

Luiza:だから、それはもっとおばあちゃんくらいになってから――

Ranmalu:そんな先?

Luiza:どんな言葉がいいかなと探してるときに出てきたのが、"開花している"という意味合いの"Bloom"で。Bloomだけだと味気ないので、"ing"をつければ、"進化している途中"という意味合いにもなるかなと思って、"Blooming"になったんです。リード曲の「Bloom」自体は、自分の経験をもとに、挫折してしまう歌を書いたんです。19歳のときに、一度音楽で挫折して辞めた時期があって。それから年月が経って、いろんな経験をしてThe Winking Owlでの活動をしているんですけど。あのとき、挫折を味わわなければ、今の気持ちはなかったと思うんです。10代のときなんて、現実をそのまま受け止めちゃうじゃないですか?"音楽がダメとなったら人生終わりだ!"くらいに。今思えばかわいい気持ちでしたけど(笑)。失敗もしてつらかったけど、振り返ればちゃんとそこでも開花してるというか、すべてが糧になって、徐々にレベルが上がっていくんだと思えたんです。どんなときでも、絶えず開花してると思うんです。それが、アルバム・タイトルともマッチしていいかなって。