MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

デスラビッツ

2016.05.20UPDATE

2016年05月号掲載

デスラビッツ

メンバー:ゆず えみ かりん 部長

インタビュアー:山本 真由

-疾走感溢れるリード・トラック「うさぎストリーム2」(Track.8)を始め、ライヴで盛り上がりそうなナンバーが満載な今作ですが、メンバー以外のバック・バンドを入れてライヴを行うことはあるのでしょうか?

えみ&ゆず&かりん:生バンドでやりたいです!!!

部長:よ、予算が......3,000人くらい集められるようになったらね(笑)。

-デスラビッツは、ミュージック・ビデオの制作にも力を入れていますよね? 阿波踊りとコラボした「うさぎストリーム2」、そして忍者が出てくる「なんで?」と、日本的なモチーフが登場しますが、海外のリスナーを意識してのことでしょうか?

部長:そうですね。それもありますが、"ツッコミどころ満載"という軸をもとに作った結果"そうなった"ということにもなります。"本気でバカをやる"というのもデスラビッツらしさです(笑)。

-現在のファン層、"デスラビッツ軍"はどんな人たちなのでしょうか? また、今後はどんな人に聴いてほしいと思っていますか?

ゆず:「デスラビッツ軍の七ケ条」(2014年リリースの1stアルバム『第一次うさぎ大戦』収録曲)という曲があるんですが、そこからいつの間にか"デスラビッツ軍"というファンの方の呼び名がつきましたね。

かりん:ライヴに来ていただけるたびにスタンプ・カードを貯めることができて、階級バッジももらえるんですよ!

部長:デスラビッツのお客さんは、みなさんとても優しいですね。あと、女性や家族連れも多いです。部長ファンかな。グフフ。

えみ:もっともっとたくさんの人にデスラビッツを知ってほしいです!

部長:ライヴではお客さんが暴れたり、もめたりっていうのがまったく起こったことがないですね。"デスラビッツ"という名前からして殺伐としたライヴのイメージがあるかもしれませんが、それを期待して来たら逆にガッカリすると思います(笑)。最前に小さなお子さんがいたりしますから。部長ファンの。グフフ。

ゆず:部長、ゆるキャラだからね(笑)。

-部長はお子さんたちからすると、"ゆるキャラ"って感覚なんですね(笑)。では、アルバム・リリース後の活動予定について教えてください。

ゆず:新宿ReNYで、6月4日(土)と5日(日)の2デイズでワンマン・ライヴを行います!

かりん:そう、2デイズです!!

えみ:初日が"うさぎの逆襲"、2日目が"部長の罠"というサブ・タイトルがついています。どんな展開になるか、楽しみにしていてくださいね!

部長:チケット残りわずか! ご購入はお早めに~。

-デスラビッツの最終形態はどうなると予想していますか? 具体的な将来の目標を教えてください。

部長:目指すは、ゴールデンボンバーさんです。激しさに、笑いと、感動がある。そしてお茶の間でも愛されるアーティストを目指してます。

ゆず:もちろんダンスでも魅了しますよ!

えみ:歌もしっかり届ける!

かりん:癒しも差し上げたいです。

-最後に、ラウドロック・ファンへメッセージをお願いします。

ゆず:"ラウドル・ロック・ファン"のみなさま。ここまで読んでいただいてありがとうございます! デスラビッツは一見場違い感あるかもしれませんが、ぜひ、一度騙されたと思ってデスラビッツの音楽を聴いてみてください!

部長:どこにもない音楽をやっていることは断言します!

えみ:そしてライヴに足を運んでみてください!

かりん:みんなでワチャワチャしましょう!