MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

GOOD4NOTHING × 04 Limited Sazabys

2015.09.12UPDATE

2015年09月号掲載

GOOD4NOTHING × 04 Limited Sazabys

メンバー:U-tan(GOOD4NOTHING /Vo/Gt) GEN(04 Limited Sazabys /Ba/Vo)

インタビュアー:TETU★KID

-04LSもいろんなバンドとやってますが、どうやって決めてるんですか?

GEN:僕らはやっぱり純粋に好きなバンドを呼んでるんですけど、さっきU-tanさんもおっしゃったように、面白い組み合わせにしたいなって思いはあるんで、僕らは知り合いだけど、僕ら介して残りのバンド同士はお互い知らないようなバンドを組み合わせたりとかすると面白いなって。

-お互いの共通の知り合いのバンドっているんですか?

GEN:いっぱいいると思います(笑)。

-さっき名前が挙がってたBACK LIFTとかもですか?

U-tan:BACK LIFTも最近ちゃんと喋るようになってきたかな。

GEN:基本的にメロコア界の先輩はおっかないので(笑)。なかなか喋れないですよね。

U-tan:いやいや、んなこたないわ(笑)。

-(笑)何かG4Nの伝説など知ってますか?

GEN:いくつかありますね(笑)。

U-tan:全然ないよ、俺は(笑)。

GEN:MAKKINさんのとかいっぱいありますよね(笑)。

U-tan:あぁ......(笑)。MAKKINはよく脱いでますからね。

GEN:G4Nのエネルギー感が衰えてないっていうのは最高ですよね。昔のバンドがどんどんBPM速い曲やらなくなったりする中、G4NはなんならライヴではもっとBPM速くなってるんじゃないかっていう。

U-tan:僕らがやり始めたくらいに、"西海岸メロディック"みたいに括られた時期があって。そのときは結構バンドがいたんですけど、結局そうやって括られて残ったのはTOTALFATとウチだけやったんですよ。そのとき、TOTALFATとの対バンも、あんまり固まってやっててもよくないから考えないとなって話してたんですけど、周りのバンドがどんどん解散していって。あるときTOTALFATと"結局俺らだけ残ったな"って話をしたことを覚えてるんです。彼らは進化していくパンク・ロックっていうのを追及してるからすごいと思うし、俺らは逆に最初の衝動や衝撃を持ったままやり続けるっていう、GREEN DAYみたいなタイプのバンド。そっちの方が難しいけど説得力があるんちゃうかなって思ってやってて。50歳になっても速い曲で、短パン履いて、メロコア・ジャンプしてたら、"アイツら本当に好きやったんやな"って(笑)、説得力が出るんちゃうかなって思って。

-ここ最近のライヴも、サラッと出てきてガッとやってサッと帰っていくというか(笑)、一体感がすごいですよね。

GEN:無敵感がめっちゃありますよね。

-緊張とかはしますか?

U-tan:いい緊張感でやってますね。

GEN:えっ、そうなんですか(笑)? G4Nは良い意味で変わらないかっこよさがありますよね。大阪のバンドってそういうイメージのバンドが多くて、SPREADも僕が憧れてたときから変わらないかっこよさですよね。TOTALFATの変わっていくかっこよさや、僕らも変わってきているので、そういう筋の通ったかっこよさには憧れますね。

-変わらないかっこよさという言葉が出ましたが、17年の活動でそれに気づいたのはいつごろなんでしょう?

U-tan:僕らは堺にGARLICBOYSって先輩がいるんですけど、GARLICBOYSの背中を見てるとそう思いましたね。教えられたというか。変わらずやり続けてるあの勇ましさというか、こうなりたいって思いましたね。今は活動休止してますけど、ずっと加速し続けて、最後が1番かっこよかったですし、それってすごいなって。僕の13歳上なんで、今の僕らと同じぐらいの差ですよね。

-04LSは地元にそういう先輩はいましたか?

GEN:もうみんないなくなっちゃいましたね。かっこいいバンドはいたんですけど、バンドって続けることも難しいじゃないですか。ずっと続いてるバンドは奇跡だと思いますし、本当に仲良いんだろうなって思います(笑)。一緒に遊んだりしないと出ないようなグルーヴってあるじゃないですか? 僕らはまだ全然出せていないですね。

-メンバーとは普段遊んだりするんですか?

GEN:散々ツアー回って一緒にいるんで、普段はあんまり会わないですね(笑)。

U-tan:いろんなバンドのパターンはあると思いますね。僕らは普段からバンド以外で遊んでることで生まれるグルーヴがあったりするんですけど、全然スタジオ練習しないバンドもいますからね。ライヴの日にパッと集まって、むちゃくちゃかっこいいライヴして、"このグルーヴどこから出るんやろ?"っていう逆の研ぎ澄まし方というか。

GEN:G4Nはいつもどれぐらい練習してるんですか?

U-tan:ツアーない時は俺らは週2ぐらいかな。

GEN:速いBPMの曲とか、僕らだったらギリギリなのを、G4Nは余裕でやれてる感じがしますね。

U-tan:あぁ、そうなんや。

GEN:もちろん全力なんですけど、余裕を残した全力感というか。SUNEさんもドラム叩きながら顔で遊ぶじゃないですか(笑)。

U-tan:俺らスタジオ練習でもそれやってるからな(笑)。スタジオってドラムに向かい合ってて、ライヴとは違う風景やから、なんか笑わせみたりとか(笑)、身近なバンドマンの弾き方を真似して、誰かが気づくまでやるとか(笑)。