MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

CRYSTAL LAKE

2014.08.06UPDATE

2014年08月号掲載

CRYSTAL LAKE

メンバー:Ryo Kinoshita (Vo) Yudai Miyamoto (Gt/Vo/Key) Shinya Hori (Gt) Yasuyuki Kotaka (Ba)

インタビュアー:米沢 彰

-忙しくてなかなか制作ができなかったっていうことですか?

Yudai:波に乗れるシーズンと乗れないシーズンってやっぱりどうしてもあるじゃないですか。乗れなくてシーズンを見送ってたのはありますね。重い腰をあげて、作ったっていうのはあります(笑)。みんなありがちな受験勉強スタイルですね(笑)。

一同:(笑)

Yudai:今回もアルバムを出したかったんですけど、息切れしました(笑)。来年ぐらいで今は考えています。それまでに、小さい規模でも自分たちが発信していくツアーとかもやりたいと思っていて、"TRUE NORTH Project"っていうイベントとツアーをできるような企画をやるんですけど、その中で、自分たちが新しく出会ってきたバンドとかをシェアできるような場所を作りつつも、自分たち発信のツアーを打ち出していきたいですね。

-今作のリリースから、バンドの活動自体が変わっていく感じですね。

Youdai:そうですね。まあ、基本は変わらないですけど。もっといろんな人に伝わる機会が増えればいいなと思います。

-今までは呼ばれているイメージがすごい多くて、自分たちの企画っていうイメージは少ないですよね。

一同:少ないですね!

-そして、リリースも少なくて(笑)。

一同:(笑)

-でもライヴはバッチリやるっていう"職人"みたいなイメージがあるんですよね(笑)。

一同:(笑)

Yudai:自分たちでやっていかなきゃって思いつつも、声掛けてもらえると乗っちゃうんですよね(笑)。

-ツアー中にレコーディングを行うっていうバンドもいらっしゃいますけど、CRYSTAL LAKEは制作期間はしっかり時間をとって作るタイプですか?

Yudai:いや、ダラダラですかね。今回のEPでいうと、前作のアルバムにも入ってた「See This Through」はアコースティックverで収録して。あれは、ツアー中のリハ後とかにやってたら"なんかはまったなぁ~"っていう感じになって、その場でレコーディグして。でも、スタジオでネタもってきてみんなで合わせてっていうのが多いですね。

-シングルのリリースから今作までの2年間でも随分CRYSTAL LAKEは飛躍した印象ですが、今作のリリース後の目標や野望などありましたら教えて下さい。

Ryo:日本でガッツリやった後は、やっぱりワールドワイドにやっていきたいとは思っています。

-でも海外行ってますよね?

Yudai:そんなにやってないですかね。10年前くらいに韓国に行ったときは、1曲目始まった瞬間にギター折れちゃって(笑)。

一同:(笑)

Yudai:ヴォーカルの頭にギターが当たって(笑)。そんな思い出しかないからまた行きたいんですよね。時間やら日常生活とのギャップがあっていけてないっていうのもあります。でも、みんなが声を揃えて"価値観が変わる"だの"頑張ってれば受け止めてもらえる"と言っているのを聞いてると、そういう機会は作っていきたいと思いますね。あと、個人的にあんまりワンマン・ライヴって好きじゃなくて、すごい好きなバンドじゃない限りライヴ行っても上がりきれないし、そういう感覚でいたんですけど、最近は心境の変化とかもあって変わってきて......。ワンマンをやって、純粋に僕らのことが好きな人ってどのくらいいるのかなとか、そういう人たちとライヴやったらどんなことが起きるのかなとも思って、どっか大きいところでワンマンもできるようになりたいと思うようになりました。とにかくバンドを知ってもらえるタイミングを増やしていきたいですね。あとは、SOUNDWAVEとか......。好きなバンドとか呼んでカップリング・ツアーとかもしたいですね。

Yasuyuki:海外の話もでましたけど、12、3年やってきた中でCRYSTAL LAKEとしても国内で行ってないところがたくさんあるんですよね。僕とYudaiは東京出身で、Ryoは鳥取出身だし、Shinyaは長野出身でっていうので、凱旋ライヴもどっかでやってみてもいいんじゃないかなって。地元の人がいるバンドだとしたら、音楽以外の知ってもらう機会が作れる。例えば、Ryoの地元の友達が観に来てくれてのめりこんじゃうとか(笑)。そういうこともないわけじゃないし。47都道府県全部行くのは難しいかもしれないですけど、例えば四国もまだ行ったことがないので行ってみたいですね。知ってもらえる機会をどんな経路でもいいので、隅々まで作っていきたいです。

-鳥取出身なんですね。

Ryo:そうです。CrossfaithとかNEW BREEDとかLOSTとかも来てるんですけど、自分たちでも盛り上げていきたいし、なにかやっていきたいですね。

-最後に、激ロックの読者にメッセージをお願いします。

Ryo:激ロックTOURとか、激ロックFESとかいろいろ出させてもらって、そこで知ってくれた子たちもたくさんいると思うので、これからもCDを買ってライヴハウスに、俺らのツアーに遊びに来てください!

Shinya:自分も激ロックとかでインタビューを読むのがすごく好きなんですよ。ビデオ・メッセージとかで面白い人たちみると、"こういう人たちのライヴ観に行きたいな"って思うんです。激ロックってきっかけを作ってくれるいい媒体だと思うんですけど、ウェブですべてを知ることはどう頑張っても難しいと思うんです。だから、少しでもいいから、気になったバンドを自分の耳と目で確認しに行ってほしいです。それが、CRYSTAL LAKEだったら嬉しいです。なので、ぜひライヴに来てほしいし、CDも買ってもらって一緒に歌いたいですね。

Yasuyuki:CRYSTAL LAKEを知らない人はまず聴いてほしいですね。CRYSTAL LAKEを知っている人、見たことある人、聴いたことある人に関しては自分のテリトリーの中でいいので友達1人でもライヴハウスに連れてきてくれれば、それだけ知ってもらえる機会がどんどん増えるので、ぜひ友達を連れて遊びに来てください!

Yudai:激ロックのいいところって、ライヴに来てほしいって思っているところですよね。そういうところは俺らも感化されてるし、お客さん同士が繋がってるのもいい。俺らもそういうところを見習って、バンド同士も繋がっていきたいです。点と点が線になって、バンドとお客さんが一体になって、なにか大きなアクションにしようっていうパワーが膨らんでいくといいなと思っています。好き嫌いはもちろんあるけど、ものの考え方、見方が1歩でも広がればもっといい音楽に出会えるし、楽しくなっていくと思うので、みんなで。一緒に楽しんでいきましょう!