MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

CRYSTAL LAKE

2014.08.06UPDATE

2014年08月号掲載

CRYSTAL LAKE

メンバー:Ryo Kinoshita (Vo) Yudai Miyamoto (Gt/Vo/Key) Shinya Hori (Gt) Yasuyuki Kotaka (Ba)

インタビュアー:米沢 彰

-呼ばれたフェスやイベントでも毎回CRYSTAL LAKEを貫いているというか、全くぶれずに自分たちのサウンドを出し切っている印象を受けるのですが、イベントなどに出演する際に特に意識していることはありますか?

Ryo:そこは完全に意識していますね。違うことやったら逆に崩れちゃうっていうことがよくあったので。

Yudai:折れない心だね(笑)。

-最近ではサウンド面で海外バンドと国内バンドの差が随分少なくなってきていて、比較するのもあまり意味がないかなと思うことも実際多いのですが、個人的にはCRYSTAL LAKEの日本人離れした力強いサウンドを聴くとどうしても海外バンドとの対比を考えてしまいます。今作の制作上、海外のサウンドへの意識や、あるいはルーツとしての洋楽を意識したところはありますか?

Yudai:新譜とか、新しい音源は常にみんな常にディグしてるし、昔からのルーツ・ミュージックを掘り下げ続けているので、常に影響を受けているのもあるかなと思います。さっき話してた音の話でまさにDJENTとか出ましたけど、DJENTとかもすごい聴くし、かっこいいなあって思うから必然的に吸収してしてるのかなと思います。

Ryo:エンジニアもあるのかなって思います。今回も前回と同じBrian Hoodという方に頼んで、ずっと俺らが出したいって思っていた海外の空気感を上手く出してくれているのかなと思います。

Shinya:やっぱりエンジニアの力っていうのもかなり大きいと思います。"自分たちだったら誰にエンジニアをしてもらえれば合うんだろうね"っていう話もしていたんですが、シングルのときにやってもらったBrianに今回もお願いしました。前回もすごく良かったけど、そのときの反省点も踏まえて依頼した結果、パンチのあるものが返ってきたので、彼の力は大きかったと思いますすね。

Yudai:結局、自分たちが思い描いているものを日本でプロデュースして出してくれる人がいなかったいうのがでかくて、その反面、インターネットもあって、やり取りがボーダーレスになってきているじゃないですか。だから、今までみたいに海を渡って行かなくてもやり取りできるのは1つの強さにもなっていると思います。海外のバンドをみてても、音楽の繋がりは海を渡っているなっていう感覚になりますね。中でも、アメリカの有名な人たちが出すスキルとかサウンドを日本のエンジニアもできるようになっていけば、シーンももっと変わるのかなって思っています。

-他に意識したことはありますか?

Yasuyuki:音のことは今言ったとおりですね。あとはライヴも重視していますね。CDを聴いてもらうだけがCRYSTAL LAKEではないので、あくまで生のバンドを見てもらったときに、どうゆう表現が各々のパートでできるのかっていうのを考えました。曲のパートだったり、フレーズだったり、尺だったり、ライヴを想像しながら作りました。今までもそういうことは十分意識してきましたけど、今作では更にステップ・アップしたライヴを想像しながら、アルバムを作ることができたと思います。

-LIMP BIZKITの「Rollin'」のカバーが素晴らしいですね!曲を"モノ"にしていて、「Rollin'」を乗りこなしているような印象を強く受けます。この曲のセレクトやアレンジはどのようにして決めていったのでしょうか?

Ryo:自分がすごくLIMP BIZKITが好きで。なにかカヴァーをやろうってなったときに、JMSの方のアイディアもあって"じゃあLIMP BIZKITやろう"ってなって。最初はいろいろ"最先端にしよう"とか"CRYSTAL LAKEらしくやってみよう"とか試行錯誤したんですけど、上手くいかなくて。最後は、漢気(笑)。

一同:漢気(笑)。

Ryo:とにかく漢気で、ヘヴィでシンプルにやってみよう"ってなったときに、あのアレンジが完成しました(笑)。

-このトラックを聴くと納得するんですけど、アイディアだけ聴くとちょっと違うんじゃないのかなっていうのはありましたけど、そういう話は出なかったですか?

Yudai:最初にも言ったんですけど"なんか面白いことやろう"って思ってて。でも、その"面白いこと"がなかなか思いつかなくて。JMSの鈴木さんと話してたときに"RyoもLIMP好きだし、いいんじゃない?"みたいな軽いノリで始まったんですけど、アレンジが進むにつれて"これやばいね"っていう掴み感が出てきましたね。確かに表面的には違和感ありますけど、面白いし、曲としてまとまったし、みんな知ってるし、お祭り感覚としてあっていいんじゃないっていう感じでした。

-この曲は絶対ライヴで盛り上がりますね。

一同:(笑)。

Ryo:早くやりたいですね。

-リリース・ツアーからやりますか?

Yudai:練習してからですね(笑)。

-リリース後のツアーとして10月25日仙台MACANAからスタートして12月14日代官山UNITまで全9本のツアーが発表されていますね。このツアーはゲストなども入れて行われるのですか?

Yudai:そうですね。ゲストもだいたい決まってます。

-前のアルバムが出てから4年が経ち、今回はEPとしてのリリースですが、アルバムを望む声もきっと多いものと思いますが、どうでしたか?

Shinya:ありましたね。メンバーが変わってシングルを1枚出して、それで2年間やっていたっていうのは結構奇跡かもしれないですね(笑)。

Ryo:でもその間でもいろんな出会いがあったので。ライヴに呼ばれる機会も増えたし。