MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

AIR SWELL

2014.06.06UPDATE

2014年06月号掲載

AIR SWELL

メンバー:hamaken (Vo/Gt)

インタビュアー:荒金 良介

-すごくいいアルバムですね。

あっ、ありがとうございます。

-初めましてなので、基本的なところから聞かせてください。まず2011年にメンバー・チェンジを経て、現3ピースに固まったそうですね?

そうですね。以前はギターがもう1人いて、4ピースだったんですよ。そのギターがリーダーで彼のもとに集まった3人で、作詞作曲は僕がやってたんですけど。

-リーダーが抜けたのはバンドにとって大きなことじゃないですか。

ギターもうまかったし、4人で活動してる期間が長かったので、メンバー全員馴染んでましたからね。ただ、曲を書いてるのは僕だったから、最悪3人でもできるんじゃないかと。

-4人で活動していた期間は?

結構長いです。5年ぐらいやってました。今とは違うバンド名でやってたんですよ。

-3ピースになって、AIR SWELLに改名したんですか?

厳密に言えば、その少し前ですけど、改名のタイミングで曲調もガラッと変わりました。昔はドロップCで、ヘヴィ・ロックなバンドをやってましたからね。今もドロップDで、キャッチーなメロとヘヴィな感じを用いた音楽をやろうと。同期は3ピースになってから取り入れるようになりました。

-それはhamakenさんの嗜好ですか?

そうですね。INCUBUSやFOO FIGHTERSが好きなんですけど、昔アンケートを配ったときに"INCUBUSみたいでかっこ良かったです"とお客さんがコメントを書いてて。"おっ、わかってるやん。そういうのをやりたいのよ"と当時は思っていたけど、ふとしたときに"INCUBUSっぽいバンドやったらINCUBUS聴くよな。じゃあ、俺がやってることって、さほど需要がないな"と。じゃあ、全然違うことをやろうと。最近はロックにしないように、という感覚で曲を作ってます。

-ロックにしないように?

3ピースって最小限の楽器隊で、ギター、ベース、ドラムとなると、最終的にギターは歪ませるしかないから、それだけでロックになるんですよ。それでいいんじゃないかと(笑)。

-3ピースになって、どこが1番変わりました?

ジャンルを考えないからこそ、そのときの感情が顕著に出ますね。洋楽ライクなメロディもあれば、もろ日本っぽいメロディもあるし、英語詞の曲もあれば日本語詞の曲もある。でも通して聴くと、AIR SWELLの色になりますからね。

-こういう音楽をやろうとは決めず?

3人になって初めて作ったのが1stアルバムに入ってる「Kick it Knock it!!」という曲なんですよ。それも何系とか考えず、3ピースやけど、3ピースがやらなそうなことをやりたいねって。

-発想が面白いですね。

3ピースって、パンクのイメージが強いじゃないですか。そういうものはやらないで、こう来たか!という音楽をやりたくて。

-3ピースがやりそうな音楽はなぜやりたくないんですか?

僕、高校の頃にメロコアも通ってるから大好きなんですけど、かっこいいバンドがいっぱいいるんですよ。そこと同じことをしても、1つ抜け出せないんじゃないかと。感覚的には隙間産業みたいなものです。