MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

AIR SWELL

2014.06.06UPDATE

2014年06月号掲載

AIR SWELL

メンバー:hamaken (Vo/Gt)

インタビュアー:荒金 良介

-ニッチなところを狙おうと(笑)。ちなみにhamakenさんが思う3ピースでかっこいいバンドは?

NIRVANAですかね。ほかにASH、日本だとHi-STANDARDですね。

-AIR SWELLはパンク、ラウド、ミクスチャー、どのジャンルにも当てはまらなくて、自分たちはどんなジャンルだと思ってます?

ロックって言ってます(笑)。

-ですよね、その言葉がいちばん腑に落ちます。

ある種オルタナティヴな......オルタナティヴって異端みたいな意味があるじゃないですか。ヒネクレ者がやるジャンルだと思うんですよ。オルタナと言うと、USのヘヴィ・ロックの匂いがするものを想像すると思うけど。ほんとの意味でオルタナティヴなものになれたらいいなと。異端なものになれたらいいですね。

-2011年に1stアルバムを発表して、この3年間はどうでした?

う~ん、とりあえず必死でした。ライヴやってもお客さんはいないし、ここ最近ですね、ノルマがなくなったのは。生活もあるし、ライヴをやると働けないし(笑)。そのジレンマと闘いながらずっとやって来ました。1stアルバムを出して、ツアーを回って、少しずつ動員は増えてるけど、すっごく不安です。ほんとにこの人たち僕らを観に来てるのかな?って。

-はははは。

アウェイの期間が長過ぎて、やっと最近アウェイじゃないライヴ感がわかってきました。

-それでも走り続けられた理由は?

単純にロックが好きだし、バンドが好きだし、15歳からずっとやってきたことなので、これしかできない。上京するときも大見得切って出てきたから、何もナシで帰るのもかっこ悪いし。

-それで昨年11月にMY FIRST STORY、BLUE ENCOUNT、SWANKY DANKら4バンドでスプリット作『BONEDS』を発表しましたけど、あの音源はやはり転機になりました?

そうですね、うん。全ヵ所同じメンツでツアーも回って、僕は全バンド観るんですよ。それで今日は勝ったな、今日はこいつらの勝ちかなって、おそらくみんなそうだったんじゃないかな。飲みの席ではワイワイやるけど、みんなガチの勝負で刺激的でしたね。

-心の中でバチバチするものがあったと。自分たち以外の3バンドはどんな存在ですか?

ライバル的な感じなのかな......そうですね、とにかく負けたくない。4バンドが4バンドともそう思ってるから、いいツアーになったと思うんですよ。

-そして、今回の構想はいつ頃からありました?

去年の10月頃からいろいろ考えてました。今回はまさに『All Lead Tracks』というタイトル通り、全部リードで全部タイプの違う曲を作ろうと。もともと1stアルバムを出して、ツアーを回ったときに有り難かったけど、違和感があったのは、リード曲が盛り上がるんですよね。自分的にはリード曲以外にも押し曲はあるよって。だけど、あまりにもリード曲だけ反応がいいから、もしかしてYouTubeだけ?みたいな。

-ああ〜、なるほど。

ほかの曲も聴いて欲しいという意味もあって、全曲タイプが違うリード曲で1枚作れば全部聴いてもらえるかなと。