MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

AIR SWELL

2014.06.06UPDATE

2014年06月号掲載

AIR SWELL

メンバー:hamaken (Vo/Gt)

インタビュアー:荒金 良介

そうですね、日々進化したいし、聴いてる人にビックリして欲しくて。

-ええ、ビックリしました(笑)。

ははは、ありがとうございます。

-がなり声から裏声まで、ヴォーカルもすごく器用ですよね?

いやあ、そうでもないんですけど、がなり声の部分はFOO FIGHTERSのDave Grohlが大好きだからかもしれない。でも一定のところまで行くと、勝手にしゃがれるんですよ。裏声はここでしよう、というのは決めるんですけど。

-なるほど。Track.3「Cannabist Mariachi」はフラメンコっぽいパートが突然入ったり、これも斬新ですね。

スパニッシュ、ラテンちっくな曲ですね。それはハウスを歌っていた時代の引き出しです。僕NINE INCH NAILSが好きで、Trent Reznorは打ち込み、メジャーとマイナーの使い分けだったり、センスが凄くて。この曲はNINE INCH NAILSっぽい打ち込みの音色でハウスライクなアレンジをして、歪みのギターというカレーをかけた曲です(笑)。

-あと「バイバイゲロメタル」もパンチがありますね。ROACHのtaamaさんをフィーチャリングしてますけど、この歌詞を見て何か言われました?

笑ってましたね。ROACHは僕らが1stアルバムをリリースする前からツアーに連れて行ってくれた先輩で、今回やっと一緒にやれて嬉しいです。

-冒頭から"おいこのクソイベンター"というスパイシーな歌詞ですけど(笑)、物事をはっきり言うのはhamakenさんの性格ですか?

当たり障りなく言う風潮が日本のロックにはあるじゃないですか。NOFXの歌詞はすっごく面白くて、ズバッと言うことがパンクだと思ってるんですよ。ただ、大事なのは思いっきりディスるけど、ちょっと面白い、お茶目感がある。それが僕の中のパンクです。曲名が「バイバイゲロメタル」ですからね(笑)。毎回そういう要素は入れるようにしてます。

-チクッと刺す毒の要素は必要ですか?

ロック・バンドがキレイゴトを言ってもしょうがないし、洋楽バンドの"お~、言ってるねえ!"みたいな感じに惹かれますね。で、ちょっとバカみたいな。NOFXも絶対バカじゃないですか。そのバカさがかっこいいんですよね。

-「バイバイメタル」は振り切ってますが、全体的な歌詞もパンク・マインドは滲み出てますね。"抗い続けていく姿 それこそが美しいんだ"(「The Beautiful」)、"運命にツバをはき続けていけ"(「No going back」)はhamakenさんらしいなと。

すごく泥臭い活動をしてきましたからね。最近のバンドって泥臭いことを嫌がる傾向があって。僕ライヴハウスで働いていたこともあるんですけど、フライヤーを持ってくるバンドに"自分の手で渡した方が絶対見てもらえますよ"と言っても"織り込んでください"と言うんですよ。僕らは自分の手でフライヤーをお客さんに渡してきたし、先輩のそういう姿も見てきたし、キレイな活動をしても芽は出ないんじゃないかと。かっこ悪かろうが泥臭かろうが、それこそが美しいと僕は思ってます。それがライヴにも顕著に出ると思うんですよ。精神的に腹を空かしてる方がいいライヴができますからね。

-わかりました。最後に今後の予定は?

6月13日の高知X-pt.からレコ発ツアーがスタートします。後悔させないライヴをするので、ぜひぜひ遊びに来てください!