MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SUNSET BUS

2014.03.11UPDATE

2014年03月号掲載

SUNSET BUS

メンバー:SATOBOY (Ba/Vo)

インタビュアー:荒金 良介

-改めてカヴァーして気付いたことは?

音は悪いけど、抑えつけられない何かが昔の音源は出まくってるなと。演奏もヘタやけど、出まくってるこの勢いは何やろって(笑)。今はあの飛び抜けた勢いはないかもしれんけど、演奏をバッチリやったり、冷静に録れましたね。TEPPEIから"サトシ(SATOBOY)、昔みたいに裸で走り回って、電気消して歌いまくれや!"と言われたけど、"いや~、そんなんいいですわ"って(笑)。

-昔はそんなレコーディングだったんですか?

"部屋を真っ暗にしてください"と言って、マイク1本持って歌いまくってました。入り込んでましたからね。インディーズ1枚目なんて、レコーディング中に飛び跳ねながら歌ってましたから(笑)。

-はははは、最高です。

インディーズ時代のレコーディングを踏まえ、メジャー時代はちゃんと腹で歌えと言われたりして、それからまたSUNSET BUSで自分たちがいちばん素直にやれる環境が見つかったと思います。

-これまでの経験が今作にも活かされてるんですね。

そうですね。これからもっといい音源を作って、楽しいことを増やしていきたいですね。

-繰り返しになりますが、今作を聴くと、改めて音楽の無邪気さって大事だなと。

そこが1番ですよね。僕らのバンドはそれが基本ですね。いろんなバンドのスタイルがあるけど、MCもグダグダになるときはグダグダやし、こういうバンドもなかなかいないと思うんですよ(笑)。最近ドラムの太郎が抜けてしまったんで、ヘルプが2人いて、叩ける方が叩く形なんですよ。"今日のドラムは何々です!"って。それもOKなんや!って思ってくれたらいいですね。極端に言うと、毎日ドラムが変わろうが、それはそれの大変さがあるかもしれないけど、その現状を楽しもうやって。

-毎回その場でしか味わえないライヴになりますからね。今作の楽曲にも触れたいんですが、まず「LONELY WOLF」は素晴らしすぎます!

インディーズの1枚目に日本語でやってた曲で、それをやりたいなと思って。今回レコーディングしてても"サトシ、これ何目線なん?"って言われました(笑)。