MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Silhouette from the Skylit

2014.01.10UPDATE

2014年01月号掲載

Silhouette from the Skylit

メンバー:SeshiroX (Vo) Rockwell (Gt/Programming/Cho) 廣田哲朗 (Ba/Cho) K.O.U (Dr)

インタビュアー:ムラオカ

-新作の話の前にいくつかお聞きしたいと思います。まず、前作『Arche』について振り返っていただきたいのですが、マスタリングにFUNERAL FOR A FRIENDを手掛けたShawn Josephの起用など新しい試みがあった多々あった作品でしたが、自分たちで今振り返ってみてどう評価しますか?

SeshiroX:今更ながらフル・アルバムなんてよく作ったな、と(笑)。今回の制作は書き下ろし4曲、1曲は前作のリアレンジなわけですけど、それでもかなり大変だったんで。"当時はあれもこれもやりたい!"っていうのがたくさんあったんだと思います。それでいて、変な言い方になりますけど、失うものもなかったし、遠慮なくやりたいことをひたすら詰め込みまくることができた、そんな作品だったと思います。

-また前作以降の最大のトピックとしてRed Bull Live on the Road 2013への参戦、そして優勝が大きかったと思います。まずRBLOTRに参加しようと思ったきっかけを教えてください。

哲朗:実は僕ら2012年も参加してるんです。Red Bullはよく飲んでいたし、モトクロスやブレイクダンスなど世界的に大きな大会を開催してるのを知っていたので、ロックで大会を開くと聞いて、面白そうだな!と。そして"Red Bullが開く大会なら八百長はないだろう"と(笑)。

K.O.U:八百長はないでしょ(笑)。

哲朗:なんか"ずるい"とか"きたない"ことに怯えていた。そんな時期だったんだろうね。そして、2012年は予選敗退。"なんだよ!八百長じゃないのかこれ!"って(笑)。

SeshiroX:もちろん冗談で(笑)。

哲朗:その後、2012年のRBLOTRファイナリストのASHLEY SCARED THE SKYのmoo君から八百長はないですよって聞いて、じゃあ2013年はリベンジだ!!って。

SeshiroX:八百長引っ張るな(笑)。

-RBLOTRに参加し広く支持を集め、クオリファイ・ステージ、SUMMER SONICのステージと勝ち上がっていきました。特にSUMMER SONIC会場でのプレイ、そして異常気象ともいえる灼熱の天候の中でのプレイと喜びと苦しみを同時に味わったのではないかと思いますが、実際のところやってみていかがでしたか?

哲朗:演奏中は暑さで自分のエネルギー・ゲージがみるみる減っていくのが分かりました。暑すぎると、サウナみたいに息が吸えない。でもここまで来るために本当にたくさんの応援をいただいて、当日もたくさんの方が観に来てくれたので、気持ち的には百人力でした。体力つけます。

K.O.U:舞台袖で準備してる段階から汗吹き出して止まんねえみたいな......(笑)。んでステージ立って演奏し始めたら、そんなもんじゃなくて。ここまでかと(笑)。正直気合いで乗り切ったって感じですね。でもわざわざ俺たちを観に来てくれた子たちの姿を見ると嬉しかった。初めてもっと普段から体力つけるために走ろうと思いました......。

-そしてSHIBUYA O-EASTでのファイナル・ステージは、今までに味わったことのない大きなステージでのパフォーマンスとなりましたが、実際にステージに立ってみていかがでしたか?

K.O.U:やっべ、気持ちいい......天井高けえ......みたいな(笑)。あのサイズのステージは初めてだし、何よりファイナル・ステージだったのでどうしても普段より気持ちは入ってましたけど、力まずリラックスして演奏できましたね。いい演奏してやろうとか結果とか気にせずに何よりも楽しめました。最後にスティックを上に放り投げたんすけど、あれやるの夢でした(笑)。

-そして審査の結果、RBLOTR、2代目チャンピオンとなりました。長い戦いでしたが優勝という最高の結果に対していかが感じていますか?

哲朗:このコンテストは、SNSを駆使してたくさんの票やポイントを集めたり、自分たちの力だけでは勝ち進めないシステムになってるんですけど、2012年で敗退したとき、僕らはもちろん悔しかったのですが、同じように普段から応援してくれているファンの方々が悔しがってくれてたんです。それで今年こそは絶対勝たせたいって、ファンの方々が僕たちを押し上げてくれた。僕らはすごく恵まれていて、熱いヤツに取り囲まれいて、一緒に涙できる仲間がいる......優勝はその証明なんだと思います。

-それでは新作『THE WORLD WILL NEVER SAVE YOU』についてお聞きします。今作の制作はいつ頃からスタートしたのでしょうか?RBLOTRの真っ最中に制作も同時並行で行っていたのではないでしょうか?

Rockwell:制作が始まったのは『Arche』のツアー・ファイナル以降で、まさにRBLOTRの真っ最中です(笑)。でも実のところ『THE WORLD WILL NEVER SAVE YOU』に収録されている曲は9月以降に作ったもので、10月末辺りで『Never Save You』と『Spring』のラフが上がるなんて状況でした(苦笑)。地方でライヴがある時は機材車の中でギター録りしてたなぁ......。

SeshiroX:そう、時間ないからツアー中もギター録れってなって(笑)。んでおれはカラオケボックスを勧めたんですけど、機材車に行ったら後部座席の真ん中にちょこんと座って、PCを前にシャカシャカ、みたいな。俺だったらとてもじゃないけど集中できないんで、"あ、こいつ頑張ってるな"って思いました(笑)。なのでみんな機材車の中でギターを弾くRockwellを想像しながらCD聴いてください(笑)。