MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

UPLIFT SPICE

2013.11.08UPDATE

2013年11月号掲載

UPLIFT SPICE

メンバー:YOOKEY (Gt) 千織 (Vo) tovita (Dr) Kenji (Ba)

インタビュアー:荒金 良介

-音源の話に戻しますが、今作は前半はカオスな感じで始まり、後半になるにつれてシンプルな曲調も増えてきますね。

YOOKEY:意識してなかったけど、結果的にそういう風になりました。そこは自然とこのバンドの二面性が出てるのかもしれない。

-カオティックな曲調が最後まで続くと、疲れますからね。そういう意味では作品トータルのバランスも良かったです。あと、Track.1「the HangedMan」の"降伏=勝利のパラドックス"という歌詞も意味深ですね。これにはどんな思いを込めているんですか?

千織:高い壁は超えろ派と、高い壁はよけろ派といるじゃないですか。急がば回れみたいな。"どっちが正解やろ"って、めっちゃ考えるけど、現状を受け入れないと、答えは見つからないんじゃないかなって。最終的に決めるのは自分やし、がんじがらめになるんなら、参ったというのも1つの手やと思うんですよ。

-矛盾が生じようとも、ありのままの自分たちをさらけ出して?

千織:はい。例えば今回2年4ヶ月も空いたんだねと思う人もいれば、2年4ヶ月もかけて作ったのかと思う人もいるだろうし。人によって捉え方は違うと思うけど、ウチらは曲を作っては壊しを繰り返してきて、2年4ヶ月かけなければできなかった作品を作りましたからね。結果いいものができたと思うし。

-自分たちがラウドもパンクも明るさも暗さも好きなら、それを全部ひっくるめて表現しようと。

YOOKEY:みんな矛盾とか嫌がるじゃないですか。でもどんな人にも矛盾はあると思うし、それを包み隠さず出す方がいいんじゃないかなって。

-"臨界点突破へ混ざれシェイキー"という歌詞がありますけど、まさにそんな作品ができましたね。

千織:前にパンク・バーみたいなところへ行ったときに、私はそんなにパンクはわからないけど、そこにいた人はみんなパンク好きで。"君は何が好きなの?"と聞かれて、"いや、私は結構何でも聴きます。ジャンルで特にこれというのは答えられないです"と言ったら、"それは好きじゃないということだよ"と言われたことがあったんですよ。私はR&B、J-POPも好きやし、逆に俺はこれなんだ!という音楽がある人は凄いなあと思って。

-音楽には人それぞれ、いろんな付き合い方がありますからね。

千織:その感覚もわかるんですけどね。私も若い頃はメタル以外は音楽じゃないと思ってたから。でもそれはいい音楽を聴いてなかっただけで、それからどんどん好きな音楽が増えていきましたからね。

-そういう意味でも今作は様々な音楽ジャンルに触れられるきっかけ作りをしてくれる音源になりましたね。では、最後にアルバム名の意味を教えてもらえますか?

YOOKEY:最後にできた曲が「ØØØ」なんですよ。無限大ということで、ここからさらに進化していければいいなと。このアルバムで自分も変われたから、聴いた人たちも変わってくれたらいいなあと思って。どう変わるかは聴いた人が選びばいいし、頭は柔らかくした方がいいよって。

-わかりました。今作はライヴでやるのは難しそうな気もしますが、どうですか?

YOOKEY:そうですね。今、一生懸命練習してます(笑)。

-じゃあ、レコ発も楽しみしてます!

YOOKEY:はい、ありがとうございます。