MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

バックドロップシンデレラ

2013.10.03UPDATE

2013年10月号掲載

バックドロップシンデレラ

メンバー:豊島“ペリー来航”渉(Gt) アサヒ キャナコ(Ba)

インタビュアー:沖 さやこ

-どの曲もそういうアプローチだったので、歌を中心に曲を広げていらっしゃるのかなと思ったのですが。

豊島:歌は絶対にありき、ですね。でも作り方はいろいろなんです。完全に演奏からできるものもあるし。でもそういうものこそ、歌にめちゃくちゃ時間を掛けて作るんで。歌が立っててくれているなら有り難いです。

-パンク、スカ、ハードコア、メタル、レゲエ、アイリッシュと様々な音楽性が入っているところもバックドロップシンデレラの特徴だと思います。バランスはどう取ってらっしゃるのでしょうか。

豊島:踊れる、バカ騒ぎできる、高揚感というのがテーマというか、バックドロップのライヴがそうなるので。ライヴをイメージして作っているんですけど"これをうちがやったらかっこいい""これはうちがやったらダサい"という線引きは動物的な勘ですね。これはメタルだからやらない、パンクだからやらない、テクノっぽいからやらないとか"こういうジャンルっぽいものだからやらない"という考え方はなくて、その曲を聴いたときにありかなしか。そこは全員の勘でやっているんだと思います。曲ができる前に、曲の断片がたくさんあるじゃないですか。それをパズルみたいにしてくっつけていくときもあって、そのときにわけのわからないジャンルになってしまうという......(笑)。

-ライヴをイメージして作るのは、皆さんご自身がやっていて気持ちいいから?

豊島:いや、完全にお客さんですね。

アサヒ:お客さんが楽しんで、昂ってもらえたらいいなというのは常にあります。

豊島:"俺がお客さんだったらこれがこう来てこうなったら行くね!"みたいな考え方ですかね。それで行かない奴らはセンスがないな~という判断で(笑)。演奏していて気持ちいいか気持ち悪いかというのはあんまり考えたことはないです。基本的には何を演奏していても気持ちいいので。

-ああ、なるほど。ところでバックドロップシンデレラといえば"ウンザウンザ"ですが、これは何なのでしょうか? ググってみたんですけどわからなくて......。

豊島:ボスニアのバンドで「Unza Unza Time」という歌を歌っているバンドがいるんです。民族音楽なんですけど、それが凄くかっこ良くて好きで。その人たちが"俺たちの音楽はウンザウンザだ"と言っているんです。で、こういう曲を作りたいなと思って作って、僕らがタイトルに"ウンザウンザ"という言葉をつけてみたら、周りやお客さんが"ウンザウンザしようぜ!"とか言い始めて、ああこりゃ楽しいなと思って(笑)。

アサヒ:なんかよくわかんないけど楽しい、みたいなね。

豊島:ウンザウンザと言い始めてからめっちゃお客さんが暴れるようになって(笑)。曲と言葉とやってること、何かがうまくハマったんでしょうね。もともとうちのヴォーカルはパフォーマンスが激しいので、前はどうしてもみんなポカーンと見入ってしまうライヴが多かったんですけど、ウンザウンザと言い始めてから祭りになってきて。"やった!"って(笑)。

-コサック・ダンス踊れそうな音ですよね。

豊島:ウンザウンザと言い出す前からうちのヴォーカルはライヴでコサック・ダンス踊ったりしてたんです。だから、なんか(バンドに)ハマったんだと思います。お客さんもそれを最初は見てて面白がってたんですけど、ウンザウンザと言い始めてからは一緒になってコサック・ダンスを踊るという(笑)。"ウンザウンザを踊る"と言っても、どういう踊りなのか正解はないので何をやってもいいという感じになって、今のカオスがある。

-そういうところに自由さがあるのは本能的でいいですね。音楽そのものを自由に楽しめるというか。

豊島:スカと言えばスカ・ダンス、あのジャンルならこの踊り方というのもありますけど、うちらのウンザウンザには正解がないので何をやっても恥ずかしくない。寧ろ人と違うことをやった奴が勝ち(笑)!

-ヴァイオリンが入った曲が多いですが、全て弾いてらっしゃるのはTHEラブ人間の谷崎航大さんなんですか?

豊島:そうですね。常にヴァイオリンを入れたいと思っていて、前作も前々作も入れてもらってるんです。「Unza Unza Time」を歌っているバンドもジプシー・バンドなので、ヴァイオリンめっちゃ入れてるんです。ジプシー・ミュージックが好きというのもありつつ、それをライヴでは普通の編成でやるんですけど。CDには入れたいなと。

-それならばヴァイオリニストを入れるという選択肢は?

アサヒ:ヴァイオリンは好きだし、印象的な楽器だと思いますけど......じゃあ具体的にメンバーに入れようという話はしたことないですね。

豊島:現状4人で並んでいる絵面が自分らとしても気に入ってしっくり来ているんで。まあ、めちゃくちゃ良くてかっこいい人がもしいれば......という感じですかね。