MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

BLESSTHEFALL

2011.03.15UPDATE

BLESSTHEFALL

メンバー:Beau(Vo) Jared(Ba) Eric(Gt)  Matt(Dr) Elliot(Gt)

インタビュアー:MAY-E

-2度目の来日おめでとうございます。もう日本にも慣れたでしょう。

Beau:うん、最高だよ。前回の来日はもう一年も前になるけど、1ヶ月くらいしか経っていないような感覚なんだ。泊まっているホテルもよく覚えているしね。懐かしい気持ちでいっぱいさ。クールだよね。

-そろそろ日本語は何か覚えました?

Beau:いや、あまり勉強していないんだ(笑)。でもライヴで使える言葉は2つ覚えたよ。“マツリダー!”と“トベ!”ってやつ。

-Beauは妹さんが日本にいらっしゃるそうですね。

Beau:そう。彼女は今、東京ディズニーランドで働いているんだよ。7ヶ月だけ日本に滞在しているんだ。

-今回のSCREAM OUT FEST 2011で共演したTHE WORD ALIVEのメンバーらに、日本について何かアドバイスしてあげたりしました?

Eric:そうだね。THE WORD ALIVEのメンバーには、日本がどれだけ素晴らしい国かってことを説明してあげたよ。俺は自分の友達や家族に、いつか東京に住めたらいいなぁって言っているくらい日本が大好きなんだけど。……俺、声が枯れてるな……。

一同:(笑)

-昨晩は声が枯れるくらい楽しんだってことですね(笑)?

Eric:ハハハ(笑)。そうだね、昨夜はたくさん飲んだよ。Mattは酔いつぶれて、まだホテルで寝ているしね。昨年はALESANAと意気投合して楽しい時間が過ごせた。今回一緒だったASKING ALEXANDRIAと仲良くなれるとは思っていなかったけれど、彼等も俺たちと同じパーティー好きな連中だったから、おかげさまで一緒に楽しくパーティーしてるよ。

-そのASKING ALEXANDRIAとは初共演だったのですよね?

Beau:うん、良い奴らだよ。

Eric:そうだね。今後もこうやって一緒のステージに立てたらいいなぁって思ってる。

-イギリスのバンドとアメリカのバンドが日本で共演し、しかも日本ではレーベル・メイトっていう。ちょっと不思議な感覚ですよね。

Beau:そう。つまり、それだけ世間は狭いってことさ。このシーンは特に狭い世界だから、必ずどこかで交わるものなんだよ。

Eric:うん。会ったことのないバンドでも、知り合いの知り合いだったり、共通の友人がいたりするものなんだ。今後も、どこで誰と交わり合うか分からないよね。

-そうですね。SCREAM OUT FESTに二度目の出演であり、ヘッドライナーを務めた訳ですが、今回もパワフルなステージングを見せてくれましたね。前回から会場は変わりましたが、二度目のSOFはいかがでしたか?

Beau:最高だったよ。昨年はALESANAがヘッドライナーだったから、俺たちはとにかくただ楽しむだけだったけれど、ヘッドライナーともなると責任は重大だからね。今回は、観客が何人来てくれるんだろうかとか色々と心配ではあったよ。俺たちには肩の荷が重かったように思っていたけれど、会場にはたくさんのファンが集まってくれたし、みんな楽しんでくれていたようだから良かったな。

Eric:あと、今回はSOFとエクストラ公演と二会場でライヴをした訳だけれど、近場の二会場でライヴをするっていうのが不思議な感覚だったよ。アメリカでは、こんなに近い場所で連日ライヴをするなんてことはないからさ。

-そうですね。今回サポート・ギタリストで来ていたElliottは、以前BEFORE THEIR EYESで来日経験もありますが、BLESSTHEFALLのライヴでも他のメンバーと息がぴったりでしたね。

Elliott:ありがとう。実は、ものすごいプレッシャーを感じていたんだよ。みんな、ライヴでの演奏はパーフェクトだからさ。でも、こうやって一緒にライヴができて、とても幸せだよ。

Beau:彼は本当に素晴らしい演奏をしてくれたよ。もともと、俺たちは彼が素晴らしいプレイヤーだってことはよく知っていた。だから、前のギタリストのMikeが去っていくと分かったときに、Elliottに真っ先に連絡したんだよ。

-Mikeはなぜバンドを離れたのでしょうか?

Eric:彼は、バンドの中での自分の役目は終わったと思ったみたいだね。音楽を一生の仕事だと捉えてしまうと絶対に上手くいかない。だから、もっと楽しむべきなんだ。彼はそれが出来なくなってしまったから、バンドから離れるいい時期だったんだろうね。