MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

STONE SOUR

2010.09.03UPDATE

2010年09月号掲載

STONE SOUR

メンバー:James Root(Gt)

インタビュアー:ムラオカ  Interpreter:ジンジャー国田

-Josh Randとのギター・コンビはSLIPKNOTのMick Thomsonとのコンビと比較していかがですか?

そうだね、Joshとはもっとアイディアをぶつけ合ったりする。Joshと俺の間にあるコミュニケーションのレベルはMickと俺の間にはなかったりする。Mickとコミュニケーションがないってことじゃないんだよ。Mickと俺が何か曲のアイディアがあれば、それがアルバムを作っている間変わったりしない。意味が分かるだろ?でもJoshと俺なら、曲ごとに、セクションごとに一緒に考えて作り上げて行く。"ここで何をしようか"とか、"ここは何が合うだろうか"とかってアイディアがポンポン飛び交う。Mickとは違う取り組み方なんだ。

-あなたとCorey TaylorはSLIPKNOTとこのSTONE SOURの2バンドを掛け持ちしていますが、2バンドを並行して続けていくことのメリットとデメリットを教えてください。

そうだな、忙しくしていることはいいことだよね(笑)。常に何かが起きている。SLIPKNOTというモンスターがあって、個体としてものすごくビッグだし、ライフスタイルバンドなんだ。でもSTONE SOURというバンドもあって、普通の人のメインバンドよりも成功していたりするので運が良かったと思うよ。二度雷に打たれたような感じで、幸運だと思う。バンドを作るという素晴らしい作業を二度経験できて最高なんだけど、その半面、ものすごく努力を要するものなんだ。家を留守にする時間が多いけど、予算が多いから、やりたいことが出来るんだ。ビジネスクラスで飛んだり、ツアーにマッサージ師を同行させたり(笑)SLIPKNOTでツアーをする居心地良さに慣れてしまうけど、STONE SOURだとお金がなかったり、エコノミーで飛ばなきゃいけなかったり、ライヴもギャラが少なかったりするんだ。本当に好きじゃなかったら、やる必要がないので、やらないよ。前にネットで誰かがCoreyと俺がSTONE SOURをやって、裏切っているみたいなコメントをしていたのを読んだんだけど、俺は"STONE SOURで全く金を稼いでないから、お前は何も分かってない。みんなバスに乗り込んで、苦労して活動している。SLIPKNOTはマシンのようだから、本当に金の為に動いているなら、俺たちはSLIPKNOTだけに集中してそこで利益をもっと出すだろう..."って考えていたことがあったよ。

-2曲目の「Mission Statement」は先日48時間フリー・ダウンロード・キャンペーンを行ったそうですが、お金と時間を掛けて作ったものをフリー・ダウンロードという形態を取ることに抵抗はありませんでしたか?

『Come Whatever May』をリリースした時に「Reborn」をあえて"もらした"ことがあるんだ。MySpaceかなにかで先行で聴く事ができたと思ったんだけど、自分達の作品をちょっと試し聴きするのっていいことだと思うんだ。今回はビデオ撮影をする人がいなかったから「Reborn」のように出来なかった。だからこのやり方が一番適切のように思えたんだ。それに、どのみちみんな手に入れる方法を見つけるからね。

-LOUD PARK08にSLIPKNOTとして出演しましたが、STONE SOURとしては初出演ですね。アルバム・リリースから1ヶ月強というベスト・タイミングでの来日ですがあなたがLOUD PARKに期待することを教えてください。

日本に行きたいだけだ。日本って一番ツアーするのが好きな国だし、日本の全てが好きなんだ。新幹線、ホテル、うどん屋、大阪の店、全部好きなんだ。自分は変に目立っているのが分かるけど(笑)居心地いいんだ。ツアーじゃなくても行きたいし、色々回れると思う。日本にもっと行けたらいいなといつも思っているんだ。

-2000年から2010年の間のベスト・ヘヴィロック・アルバムを教えてもらえますか?

MASTODON の『Blood Mountain』と『Crack The Sky』だな。いや、一つ選ぶなら『Crack The Sky』で行こう、一番最新のやつだから。

-それでは最後にメッセージをお願いいたします。

すごく間があいてしまったから、日本に行くことを楽しみにしているよ。みんなとまた会って、話して、楽しみたいと思っている。