MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

JIMMY EAT WORLD

2008.05.04UPDATE

JIMMY EAT WORLD

メンバー:Jim Adkins (Vocals, guitars) / Tom Linton (Guitars, vocals)
Rick Burch (Bass) / Zach Lind (Drum

インタビュアー:MAY-E

-応援ソングでもあるシングル曲「ビッグ・カジノ」をはじめ、アルバム「CHASE THIS LIGHT」に勇気をもらったというファンもたくさんいたでしょう。

Jim(以下、J):うん、とてもリアクションをもらっているよ。僕らは曲を書くときに、周りからどういう反応をもらえるのかを考えずに曲作りをしているんだ。そういう曲作りのプロセスがいい結果を生むんじゃないかと思っている。どちらかといえば自分たちが聞きたい曲や好きな曲だけを書いているんだ。僕らの曲を聴いて、いい反応を示してくれるのはとても嬉しいけど、あまり人に好きになってほしいと思って曲を書くわけではないんだよね。

-「Here It Goes」の80年代風のメロディーと女性コーラスは新鮮ですが、聞きたい曲を書くというのはこの曲にも表れているのでしょうか?

Zach(以下、Z):「Here It Goes」は確かに僕らがいつも書いている曲とはちょっと違うよね。ああいう曲ももちろん好きだよ。僕ら4人は色んな音楽を聴いてきて、それぞれ違った影響を受けているんだ。「Here It Goes」は、そういう影響から入り込んで作った曲だとも言えるよ。納得しない曲や嫌いな曲は出さないからね。他のバンドでああいった曲が聞けるとすごく気分がよくなるから、実際に僕らもやってみたんだ。全く違う曲を書く作業って、とても楽しいんだよね。いいものはどんなサウンドでも挑戦すべきだと僕は思うんだ。

-では、もしJEWらしくない曲が出来てしまったとしたら、JEWらしくないからと、お蔵入りになったりすることもあるのでしょうか?JEW節ともいえる蒼いメロディーと疾走感はいつの時代も変わりませんが、それはファンが求めているJEWを意識してのことなんでしょうか?

J:僕らは、常に一歩先の音楽をやろうと思っているんだ。「これ、この前に作った曲と変わらないじゃないか!?」って思ったら、それは違うと思うんだよね。「これはちょっと違うんじゃないか?」っていう、少しひねりがかかっているくらいほうが絶対にいい曲になるんだよ。僕らは常に新しい音楽にチャレンジしていきたいんだ。だけど、自分たちがやりたい音楽や好きな音楽は決まっている。そんな僕ら4人が集まって曲を練習していく中で、全く違ったような曲が生まれることはないと思っているよ。

-なるほど。「新しい音楽にチャレンジしていきたい」と仰っていましたが、これから具体的にチャレンジしたいことはあるのでしょうか?

Z:僕らの目標は「シンプルであること」なんだ。より良いライブバンドでありたいし、自分たちのアルバムに誇りを持てることが一番大切なんだよね。近い目標としては、まず今晩いいライブをすることだね。そして、次に新しいアルバムを作るときには、自分が興味の持てる音楽を作って、30年後に聴いても「これは最高な作品だよな」って自分たちが思えるアルバムを作りたい。目標ばかり考えていても、それは無駄なことなんだ。目標よりも、今の状況にどれだけ満足するかってことが大事なんだよ。今の自分たちに満足をすること、そして自分たちのベストを尽くすことの方が大切だと思っているよ。

-JEWのサウンドは、悲しみや怒りなどの負の感情をポップなメロディーに乗せていますよね。前作「フューチャーズ」に比べ、またこの感覚が「CHASE THIS LIGHT」で戻ってきたようにも感じたのですが、「フューチャーズ」との製作にあたっての相違点などはありましたか?

Z:今回のアルバムは僕らの家にあるスタジオで製作したんだ。だから、いつもよりリラックスできたし楽しくやれたよ。いつまでに終わらせなくてはいけないっていう締め切りがなかったから、時間に追われることもなかったんだ。それが曲にも現れているんだと思う。僕らの曲には、歌詞は悲観的でもサウンドはポップだという相違面が確かにあるよね。それって、より曲に多様性を与えると思うんだ。

-このような歌詞は、実体験を元にされているのですか?

J:歌詞を書くのに決まりごとはとくにないんだよね。実体験を元にしたものもあるし、部分的にそうなものもある。また、実際に経験したことを違う視点からみて別のアプローチをしたらどうなっていたんだろう?って想像しながら書いたものもあるし、全くキャラクターに成りきって書いたりすることもあるんだ。

-アルバム「CHASE THIS LIGHT」のアートワークは、前作と違って華やかですね。

Rick(以下、R):うん。収録曲が決まりつつあったときに、この作品はいつもよりアップビートな曲が多いことに気づいたんだ。だからアートワークもサウンドの方向性にあったものにしようと探し始めた。僕らのイメージしていたものは「パっと見て忘れられない、明るくて印象に残るもの」だった。前作は白黒だったから、それとは全く違うものにしたかったんだよ。で、色々なアートワークの見本が届いたときに、あのアートワークを一目見ただけで気に入って「これにしよう!」ってすぐに決めたんだ。