MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ARCH ENEMY

2008.04.19UPDATE

ARCH ENEMY

メンバー:Angela Gossow(Vo) Michael Amott(Gt)

インタビュアー:AKIЯA

―最新作「Rise of Tyrant」は、例えばマイケルのソロの後に、ツインリードがあって、その後にクリスのソロが入ってと、とても複雑な構成になっていますが、どのようにして作っていったのですか?

M:ギターパートを作るプロセスにはかなり時間をかけたんだ。何度も手を入れてどんどん内容が変わっていったんだ。特に今回はギターにかなりの力を入れていたからね。新鮮味と面白さがあるエキサイティングなパートを目指した結果、「Rise of the Tyrant」はエネルギーとパワー溢れる作品になったよ。アルバム全体については、曲の流れを意識して作りこんだんだ。ギターソロについては、歌詞の内容をイメージして作っていったんだ。今回はメンバー全員で曲作りに挑んで、シンプルなデモを作ってはアンジェラに渡して歌詞を書いてもらったんだ。同時進行で全てを進めてる感じだったんだけど、実際はアンジェラが書いてきた歌詞を見て「こんな歌詞になるんだったらもう少し変えよう」っていうようなやり取りをしながら曲を作っていったんだ。そんなやり方だったから、まるで生き物みたいに曲がどんどん変わっていって、最終的にミックスをする段階で初めて曲ができあがったような感覚だった。ギターパートには変更を何度も加えたよ。クリスが戻ってきた雰囲気の良さとかエネルギーとかもアルバムには反映されてると思うよ。一緒にやった時のスペシャルな感覚があるんだ。言葉ではうまく言い表せないけどね。
A:全然説明できてないわよ(笑)
一同(笑)
M:曲作りは自然なプロセスで進めたよ。リフは大体僕が作ってるんだ。クリスが戻ってきた時には曲がある程度できてたんだけど、クリスらしさをアルバムに反映させたかったから、クリスにもアイディアを出してもらって、それをスパイスのように散りばめたんだよ。それによってアルバム全体にダイナミックさが出たと思うんだ。

―レコーディングの際に感情を高めたり、テンションを挙げるために何か特別なことはやっているのですか?

M:ギターソロに関しては、最後の最後に入れるようにしてるんだ。ギターソロは全ての音に感情を込めたいからね。気持ちを高めてその気にならないとできないよね。朝の8時から録ると言われても無理なんだ。リズムギターの部分は、機械的にリズムを取って淡々と仕事のようにやることもできるけど、ギターソロはある種絵を描くアーティストにも似てて、インスピレーションが湧いてくるのを待ってからレコーディングしてるんだ。ギターのサウンドをすごくエモーショナルでエキサイティングなものにしたいから、ひらめきが必要なんだ。歌もそうだよね?
A:歌はまだ歌詞があるから楽なのよね。気持ちを入れやすいのよ。悲しい曲とか、怒ってる曲とか、歌詞に引っ張られていく部分が大きいのよ。指だけでやるから、ギターの方が難しいんじゃないかな?自分でこう弾こうと決めてやらないといけないから。
M:だから僕は先に歌詞が欲しいんだよ。どういう内容の曲なのかが分かれば、アグレッシブに弾こうとか、邪悪な音だったりとか、メロディックなフレーズとか、決められるからね。全てが揃った時に初めて決められるんだよ。ARCH ENEMYは非常にクリエイティブだから、僕が一応メインのソングライターだけど、実際にはほとんどコラボレーションで曲は作られてるんだ。ダニエルがギターで曲を書いたりもしてるし、今はほとんどの歌詞をアンジェラが書いてる。みんながARCH ENEMYを支えてるんだ。今のバンドのメンバーに恵まれてすごくラッキーだったと思う。不動のメンバーだよ!最高のチームだ!それぞれが違うものを持ってて、それぞれの良さを持ち寄ってARCH ENEMYは成り立ってるんだ!

―非常に長時間ありがとうございました。
最後に日本のファンにメッセージをお願いします。



ARCH ENEMY動画メッセージ