MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

PARAMORE

2007.08.20UPDATE

PARAMORE

メンバー:Hayley Williams(Vo)

インタビュアー:ムラオカ

-1stシングルの「Misery Business」は今までのあなた方にはあまりなかったタイプの曲ですね。曲自身もさることながら、ヴォーカル・スタイルも今までにないスタイルに挑戦しているように感じたのですがいかがでしょうか?

「Misery Business」は歌っていてとっても楽しい曲よ。ヴァース(AメロやBメロ)の部分で今までよりもずっとハイテンポのヴォーカルにチャレンジしたし、コーラス(サビ)の部分で激しさを表現したかったの。この曲は確かに私たちの今までとは違った部分を表しているわ。そういう部分を見てもらえるのがとてもうれしいの。大きな一歩を踏み出せたような感じがするしね。

-この曲を1stシングルに選んだのはあなたたち自身ですか? レーベルサイドですか?

私たち自身が「Misery Business」を1stシングルにしようとプッシュしたの。私たちの新しい音楽への完璧なイントロダクションになるだろうと思ったから。

-「Fences」も今までのPARAMOREにはなかったレトロな雰囲気の曲で、アルバムの後半を引き締めることに成功していると思います。個人的にはぜひライヴでも聴いてみたい曲なのですが、ライヴに組み込む予定はありますか?

「Fences」はライヴでプレイしたいと思っているわ! でも、その前に練習する必要があるけどね。現在のセットリストには入ってなくて実際2、3ヶ月ぐらいプレイしてないの。

-アルバム名を"Riot!"に決めた理由を教えてください。

"Riot"という言葉にはいくつか比喩的な意味があって好きな言葉なの。"制御不能な感情が突然爆発すること"といった意味もあって。そういう意味がこのアルバムを完璧に表現していると思うわ。

-このアルバムは前作のエモーショナルなジャケットとは打って変わって、NO DOUBTの『Rock Steady』のジャケットを髣髴とさせるようなおしゃれでパンキッシュなものですね。このジャケットはバンドの意見を反映してのものですか?

写真撮影を行ったとき、写真家の人が私たちの背後に何も描かれていない真っ白な壁を持ってきたの。彼は私たちにその壁に何か描いてくれって言って、それで私たちはアルバム・タイトルの"Riot!"を描くことにしたの。そういうふうに描いてみて私たちのことをとてもよく表現しているなと思って、アルバムのジャケットのアートワークにすることにしたの。

-私たち"激ロック"は東京、大阪、名古屋、福岡にてロックDJパーティーを開催しているのですが、このアルバムの中からパーティーでかけて欲しい曲を1曲リクエストしてください。

「Crushcrushcrush」が良いんじゃないかしら。

-あなたたちの所属する"Fueled By Ramen"は今や最も注目されているレーベルの1つですね。人気バンドをたくさん抱えていますが、あなたたちをしっかりサポートしてくれていますか?

"Fueled By Ramen"に所属しているどのバンドもどの人も大きなファミリーの一員という感じなの。私たちはできる限りお互いをサポートし合っているの。

-レーベル内で特に仲の良いバンドがいたら教えてください。

THIS PROVIDENCEと一番仲が良いのよ!

-先日の"PUNKSPRING07"は残念ながらアルバム制作の都合ということでキャンセルされましたね。ぜひ2ndアルバムが完成したことですし日本に来ていただきたいところですが来日の予定はないのでしょうか?

今年の後半には来日公演を行う予定なの(9月25日、26日、27日に来日公演が決定した)。今度は日本に行けそうで楽しみだわ。"PUNKSPRING"をキャンセルしなければならなかったのはとても悔しかったわ。そのことで私たちのことを嫌いになってくれなくて感謝してるわ(笑)。

-最後に日本のファンにメッセージをお願いします。

日本のみんなにはインスピレーションをもらっているのよ! 私たちの音楽を愛してくれて応援してくれてありがとう! アルバム『Riot!』を楽しんでね。本当にありがとう!