MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

Everyone Loves You... Once You Leave Them

今やオーストラリア出身のメタルコア・バンドの代表格として、人気/実力共にトップ・クラスの位置にまで達した感のある4人組による通算7枚目となる作品。前作『Misery』は、ポップな要素を前面に押し出した意欲作となっていたが、本作においては過去作を彷彿させるヘヴィネスが復活。先行シングルTrack.2「All My Friends Are Dead」で見せる、ブルータリティと叙情性とが絶妙に絡み合う展開に、思わず頬を緩ませたファンも多いだろう。同時に、Track.6「Aloneliness」のようにメタルコアの要素は皆無で、感動的なメロディが胸に響く楽曲も用意されているのが特徴だ。前作で培った要素と、従来の強みをバランス良く盛り込んだ好盤。 井上 光一