MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

Nine

BLINK-182

『Nine』

Release Date : 2019-09-25
Label : SMJ
¥2,640

Tom DeLonge(Vo/Gt)脱退後、ALKALINE TRIOのMatt Skiba(Vo/Gt)が加入して2作目となるBLINK-182の新作がリリースされる。今作は、"2003年リリースの5thアルバム『Blink-182』の精神に立ち返る"というのがコンセプトらしいが、セルフ・タイトルを冠した作品で新しい方向性を打ち出し、バンドとしての成長を示した同作を思わせる作品だ。Mattの持つエモい属性と、ヒップホップにも精通するTravis Barker(Dr)のグルーヴ感、そしてブリンクの守護神たるMark Hoppus(Vo/Ba)のメロディ。ドラマチックでクロスオーバーな音作りは今っぽいが、シンプルなパンク・ソングもある。安心して受け入れられる挑戦だ。 山本 真由