MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

Disguise

MOTIONLESS IN WHITE

『Disguise』

Release Date : 2019-06-07
Label : Roadrunner
¥1,703

個性的なルックスとサウンドが特徴のメタルコア・バンド、MOTIONLESS IN WHITEのメジャー2ndアルバム。今作は、ゴシック調のダークな世界観はそのままに、エレクトロやヒップホップのエレメントも散りばめ、中毒性の高い独特の音楽性に磨きをかけている。もちろん、破壊力満点なゴリゴリのメタルコア・サウンドも健在。感情迸るエモメロも、爆発的な咆哮も自在に操るChris"Motionless"Cerulliの魅惑のヴォーカリゼーションもたまらない。モダン・ロックやニューメタルのテイストもあり、音作りのキャッチーさにメジャー感は出ているが、それだけでないアンダーグラウンドな魅力も損なうことなく、セクシーに仕上げているところもMOTIONLESS IN WHITEらしい。前作同様、プロデューサーにDrew Fulkを迎え、チャレンジングでありながら、バンドの個性をぐっと引き出している。 山本 真由