MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

To Drink From The Night Itself

AT THE GATES

『To Drink From The Night Itself』

Release Date : 2018-05-18
Label : トゥルーパー・エンタテインメント
¥2,700

1996年に解散するも、メロディック・デス・メタルのみならず、その後のメタルコア・シーンにも絶大な影響を与えた伝説的存在、AT THE GATES。2000年代後半に本格的な再始動を果たした彼らが約3年半ぶりにリリースした新作は、前作『At War With Reality』のヘヴィな路線を保ちつつ、全盛期の疾走感とアグレッシヴなリフも兼ね備え、そしてこれまで以上にダークな世界観を帯びた作品となった。Track.2、3、9、11のようにATGらしい弦飛びリフで爆走する曲はもちろん、ヘヴィ且つメランコリックなTrack.5、畳み掛けるトレモロとDビートで緊張感を煽るTrack.6など、バンドの持つ懐の深さを感じさせる楽曲も。名盤『Slaughter Of The Soul』とはまた違う、新たな境地に達したと言える1枚だ。 菅谷 透