MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

DIVE TO THE GROUND

FOAD

『DIVE TO THE GROUND』

Release Date : 2018-04-25
Label : TRIPLE VISION entertainment
¥1,080

若手実力派バンドのニュー・シングルが到着。前作を経て、FOADの音楽的意欲は高まるばかりだ。今作はもっと高く、さらに上を目指そうとする姿勢が顕著に表れた内容。表題曲はオーケストラを導入し、ヘヴィさのなかに壮大な彩りを盛り込んだ曲調になっている。歌メロもキャッチーだし、一聴で引き込む手腕も磨き抜かれた印象を受ける。対して、「OXYGEN」は浮遊感のある同期を取り入れたノリのいいメタルコアで、こちらも表題曲に負けず劣らずのかっこ良さ。そして、MVが先行公開された「Cascade - Tranquil Cascade」はオリジナルを見事に解体/再構築したアコースティックな仕上がりだ。美メロを丁寧に歌い上げるKSKN(Vo)の透明感のある歌声は、多くのリスナーを振り向かせるのに十分な説得力を誇る。 荒金 良介