MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

Sun Eater

JOB FOR A COWBOY

『Sun Eater』

Release Date : 2014-12-10
Label : ハウリング・ブル・エンター
¥2,530

デスコアの元祖JOB FOR A COWBOYの4枚目となるニュー・アルバムはデス・メタルへと傾倒し、グネグネとうねりまくる圧巻の作品に仕上がった。ゴリッゴリの超絶テクニカルなパートがてんこ盛りで本人たちも認める通り"コア"の要素は存在感が薄れ、まるでろ過されたように、より純粋なデス・メタルだけが精製されたかのよう。怒涛のツーバスにハイ・フレットを織り交ぜたプログレッシヴなベース、ゴリゴリのリフと超絶テクニカルなソロで魅了するギターと、そのサウンドは相変わらず超ハイ・レベル。Jonnyのヴォーカルも、よりエモーショナルで憂いを湛えたデス・メタル特有のオーラを増し、JFACを更にカリスマ的なポジションへと押し上げている。よりピュアなサウンドを追求し"すべてのレベルを上げてきた1枚"と言っても過言ではない。 米沢 彰